温泉施設で男性客が硫化水素中毒 4年意識不明の状態続く

ざっくり言うと

  • 北海道の温泉施設で2014年、男性客が硫化水素中毒の疑いで意識不明になった
  • 男性は脳機能障害と診断され、4年間にわたり意識不明の状態が続いている
  • 道警は同施設の男性経営者を、業務上過失傷害容疑で書類送検する方針だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング