<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

GROOVE X株式会社は開発中の「LOVOT」(ラボット)をCESで公開するようだ。ハードウェアスタートアップが集まるEureka ParkのJ-Startupパビリオンに出展することを発表した。

CESは世界最大規模の展示会となっており、入場できるのはメーカー、バイヤーなど業界関係者のみ。2019年1月8日(火)から11日(金)の4日間、ラスベガスのネバダ州で開催される。



出展される「LOVOT」は、”命はないのに、あったかい。”をコンセプトにしたロボットだ。人の代わりに仕事をするのではなく、人に寄り添い癒しを提供することで人のパフォーマンスや生活の質を向上させることを目標にしている。



「LOVOT」コンセプトティザームービー

日本国内での製品発表は2018年12月を、一般発売は2019年中を予定している(CESの展示より国内の発表の方がひと足早い予定)。今回のCES出展では、製品発表直後のLOVOT実機の展示、デモンストレーションを行うとしている。

(吉川 実里)