無職の28歳が「初めてのハローワーク」に行ってみた

写真拡大

 若者の貧困を考えるうえで大きなテーマになるのが、奨学金の返済だ。松原裕樹さん(仮名・28歳)は専門学校卒業後、就職活動をより有利にするべく23歳で大学に進学。しかし、1年の秋学期に突然パニック障害を発症してしまう。

「精神状態が不安定で通いたくても通えず、3年間の留年。介護離職した父はわずかな年金生活で頼ることもできず、結局、退学することになりました。残されたのは利子込みで総額490万円の奨学金返済だけです」

 返し終わったときには松原さんは50代になっている計算だ。しかし、28歳で職歴がなく病気持ちである彼にとって、一から始める就職活動は困難を極めたという。

 ひとまず派遣会社に10社以上登録。何十社とエントリーするも面接に辿り着けるのすら一部のみ。働けても病気のことを打ち明ければ、最短の3か月で打ち切られることがザラだった。

「なのでティッシュ配りとか日雇い労働をするしかなく、月に3、4万円ほどしか稼げない。今は扶養家族のままなので、奨学金返済は返済猶予が与えられていますが」

 そこで今回、記者は松原さんが「イメージが悪くて今まで避けていた」と話すハローワークの登録に同行することに。受付で病気の話をすると、通されたのは障害者枠ではなく一般枠だった。

 「28歳・一般事務・勤務地都内」の希望条件で検索すれば、実に1500件以上の求人がヒット。しかし、よく見れば求人枠が「1人」という企業がやけに多いことに気づく。実際には「相当いい人が来れば採る」と、求人を出しっぱなしにしている企業も多いようだ。

 また、松原さんは「病気に理解のある職場」を求めている。そこで担当者に相談すると、途端に表情が曇り始めた。

「書類審査段階で病気のことを開示すると、恐らく断られる可能性が高いと思います。なので、採用が決まる直前などに打ち明けるのがいいのではないかと……」

 就職までこぎ着けるにはまだまだハードルはある。だが、松原さんの表情は訪問前と比べて明るい。

「なんとなく『ハローワーク=ブラック企業ばかり』と避けていたけど、実際にはよさそうな求人もあって、少しホッとした気がする」

 28歳無職の闘いは続く。

― [若者の貧困]どん底ルポ ―