「ボールを奪うことにはこだわりがある」…三竿健斗、持ち味発揮し初の先発フル出場

写真拡大

 日本代表は12日、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦し、3−0で快勝した。

 三竿健斗(鹿島アントラーズ)はダブルボランチの一角で先発出場。序盤は「相手のプレースピード、強さ」にやや戸惑ったが、「時間が経つにつれて慣れてきた」という。

「僕はボールを奪って前につけるタイプなので、守備でしっかりボールを奪えたことで自分の中でのリズムを作ることができた。相手がどんな感じに抜いてくるのかも時間が経つにつれて分かってきたので、そこで対応できたことが一番大きかった」

 日本は前半終了間際に南野拓実が先制点を挙げると、後半には伊東純也、そして相手のオウンゴールで勝負あり。三竿は先発フル出場を果たし、持ち味のボール奪取も存分に発揮した。特長を出せたことについて、三竿は「招集された当時は気を張っていたので、代表に慣れてきたことは大きい。そういうのも少しずつ減ってきたし、周りの選手とコミュニケーションを取って、自分の素を出せるようになってきたことが一番だと思います」とコメントした。

 ボランチにはコンビを組んだ青山敏弘(サンフレッチェ広島)のほか、遠藤航(シント・トロインデン)、柴崎岳(ヘタフェ)が今回招集されている。今後に向けては「自分は攻撃で良さを出すタイプではないし、ボールを奪うことにはこだわりがある。他の選手にはないと思っているので、そこをもっともっと伸ばすこと。競争というよりはチームなので、お互いを高め合っていきたい」と語った。