錦織圭

写真拡大

 「男子テニス・マスターズ上海」(13日、上海)

 世界ランキング12位で第8シードの錦織圭(28)=日清食品=が、シングルス準々決勝で、同2位の第1シード、ロジャー・フェデラー(スイス)と対戦。4−6、6−7のストレートで敗れ、4強入りはならなかった。

 第1セット第1ゲームでいきなりサービスゲームをブレークされて4−6で落とすと、第2セットも第1ゲームでブレークを許す苦しい展開。しかし、第6ゲームで逆にブレークに成功すると、その後はお互いにゲームキープを続け、タイブレークに突入した。

 結局、錦織はタイブレークの末、このセットも落として、ストレート負けを喫した。

 錦織はフェデラーとの対戦成績は2勝6敗となった。