「名探偵コナン ゼロの執行人」4D版入場者プレゼントは安室透のボイスメッセージ&ポストカード

写真拡大 (全2枚)

(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

10月19〜11月8日の期間限定で上映される4D版「名探偵コナン ゼロの執行人」の入場者プレゼントが決定した。原作者の青山剛昌氏による描き下ろしイラストを使用し、安室透の極秘ボイスメッセージを聞けるQRコードが掲載された「安室透からの執行認定証」と、主人公の江戸川コナンと安室が描かれたビジュアルポストカードのセットが、全国で合計10万人に配布される。上映館ほかの詳細は、公式サイトに掲載中。

「名探偵コナン ゼロの執行人」は、劇場版「名探偵コナン」シリーズの第22作。東京サミットが開催される巨大施設「エッジ・オブ・オーシャン」で大規模爆破事件が発生し、現場の証拠品に残された指紋から毛利小五郎が犯人と断定されてしまう。小五郎の無罪を証明するためにコナンは、公安警察を操る警視庁の秘密組織「ゼロ」に所属する、3つの顔を持つ男・安室と対峙しつながら、事件の真実に迫っていく。

また、4D版を上映に先立ち体験した安室からのコメントも寄せられている。当初こそ余裕を見せていたものの、予想を上回る揺れや、自身のドライビングテクニックを助手席感覚で味わって息も絶え絶えなった安室は、なんとか平常心を保ちながら「なかなか楽しめましたよ」と感想を語ったという。