あいさつをする新潮社の佐藤隆信社長=12日午後6時9分、東京都内、宮田裕介撮影

写真拡大

 LGBTをめぐる寄稿などで批判を受け、休刊になった月刊誌「新潮45」について、新潮社の佐藤隆信社長が12日、「お騒がせした結果、休刊になってしまいました。大変申し訳なく思っています」と語った。

 東京都内で開かれた、新潮ドキュメント賞と小林秀雄賞の贈呈式で。佐藤社長が新潮45の問題について公の場で語るのは初めて。

■佐藤社長のあいさつ

 新潮文芸振興会の理事長という立場で登壇していますが、新潮社の社長でもありまして、お騒がせしております。

 お騒がせした結果、新潮ドキュメント賞の発表誌でもあった「新潮45」が休刊ということになってしまいました。

 会場には新潮45でお世話になった方々も大勢いらっしゃっていると思いますが、つまりは、みなさんに原稿料をお支払いするチャンスがまた減ってしまったということで、大変申し訳なく思っております。

 けれども、新潮社はこれからもしっかりとした言論活動をしていく所存ですので、変わらぬお付き合いをお願い申しあげます。