ティザービジュアル&PVも完成 (C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

写真拡大

 テレビアニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」を手がけた今石洋之監督と脚本家・中島かずきが再タッグを組んだオリジナル劇場アニメ「プロメア」が2019年に公開されることが決定し、第1弾PVとティザービジュアルが披露された。

 今石監督と中島のコンビが、劇場長編アニメを手がけるのは本作が初めて。豪華スタッフが結集しており、「キルラキル」のTRIGGERがアニメーション制作、サンジゲンが3DCG制作を担い、「ベイマックス」のコンセプトデザインを担当したクリエイターのコヤマシゲトがキャラクターデザイン、「進撃の巨人」「機動戦士ガンダムUC」などで知られる作曲家・澤野弘之が音楽、「メアリと魔女の花」の久保友孝が美術監督を務める。さらに、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズのパッケージデザインを手がけた市古斉史がタイトルロゴをデザインした。

 北米最大のアニメイベント「Anime Expo 2017」で新プロジェクトとして発表されていた本作。ストーリー詳細は明らかになっていないが、市古がデザインし、コヤマが描きおろしたティザービジュアルには、燃え上がる街をバックに、火消しの象徴である「マトイ」を手にしたキャラクターが配されている。公式YouTube(https://youtu.be/rWxUaUU4Heg)で公開中のPVは、謎のキャラクターが登場する迫力のシーンなどが収録され、終盤には「世界大炎上」というキャッチコピーが浮かび上がる。

 さらに、制作陣によるコメント色紙も披露された。今石監督の色紙には、「プロメア」「よろしく」という言葉とともに、キャラクターのイラストが描かれ、中島は「まだまだ言えない事ばかりだけど『プロメア』面白いよ。乞う御期待!」とコメントを寄せている。