東京中央卸売市場・豊洲市場の水産卸売場棟では、きのう11日(2018年10月)からセリが行われているが、市場関係者に戸惑いがあるという。「照明が変わったんで、いままでとは魚の見え方が違ってきた」というのだ。

築地市場は白色電球だったが、豊洲はLED電球になった。「ピカピカ光るので、魚の良しあしが、いままでとは違うような感じんです。慣れていくしかないのかなあ」

セリ場の床も緑色に

また、マグロのセリ場の床も緑色に塗られている。マグロの赤が生えるようにという狙いだが、目利きに影響があるという。

司会の国分太一「初日の渋滞はなくなったようですが、1日で慣れるもんですかねえ」