開業医の妻が不審死 痛み止めの注射が死因となった可能性

ざっくり言うと

  • 北九州市で2017年、クリニックを開業している60代男性医師の妻が死亡した
  • 病死と判断されていたが、夫が日常的に痛み止めの注射を妻にしていたと判明
  • 痛み止めが死因となった可能性があるとして、警察が慎重に調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング