樹木さんの遺影は、娘・也哉子が最新映画の宣材写真から選んだもの。菊・胡蝶蘭・カスミソウ1200本が取り囲む

写真拡大 (全21枚)

吉永小百合、宮沢りえ、北大路欣也、中居正広、竹中直人、リリー・フランキー…

樹木さんの遺影は、娘・也哉子が最新映画の宣材写真から選んだもの。菊・胡蝶蘭・カスミソウ1200本が取り囲む

「空気が澄んでいて……なんだか希林さんらしいお葬式でした。最後にお会いしたのは、カンヌから一緒に帰国した半年前。希林さんがいなくなってずいぶん経ちますけど、今、自分がいる場所がつまんなくなった、と思います」(『万引き家族』で共演したリリー・フランキー)

 台風24号が日本列島を縦断し、東京にも警戒情報が流れていた最中の9月30日。樹木希林さん(享年75)の告別式が東京都港区の光林寺で営まれ、がんで亡くなった彼女を偲んで1500人以上の参列者が焼香の列を作った。

 特筆すべきはその参列者の顔ぶれだ。北大路欣也(75)、竹中直人(62)、吉永小百合(73)、萬田久子(60)といった映画界の大ベテランたち。中居正広(46)、宮沢りえ(45)ら現在の芸能界を牽引する存在、安藤サクラ(32)や黒木華(28)などの若手個性派女優、さらにはラモス瑠偉(61)や笑福亭鶴瓶(66)など、じつに幅広い著名人が次々と姿を現した。

「女優でも俳優でも一流になれば、普通はマネージャーを通じて連絡先を交換するものですが、彼女はすべて自分自身でやりとりをし、しかも誰にでも心を開く人でした。広く長く仕事をして、いったん交流ができれば『今度、一緒に○○をしましょう』と、相手に新たな提案をしていた。楽しいし、時にずばっと斬り込まれるから勉強にもなる。

 そうやって人とつきあってきたから、誰の心にも、自分だけの希林さんとの思い出があるんですよ。だからこそ、あれだけの人が集ったんです」(芸能レポーター・城下尊之氏)

 参列者の一人、田中麗奈(38)は話す。

「台本(の自分の出番)に印をつけると『全体を考えなさい』と怒られて。印をつけてしまうたびに、また怒られるかなって思い出します」

 娘婿の本木雅弘(52)は、今まで語らなかった最期の様子をこう明かした。

「私がスマートフォンで(夫の内田)裕也さんの声を聞かせている状態で、そうこうしているうち、だんだん呼吸の間隔が開いていって、静かにスーッと消えていく感じでした」

 皆、遺影を眺め、天に昇った希林さんとの思い出に浸っていたのだろう。

本木雅弘(52)
告別式前、囲み取材に応じる本木。樹木さんは「誰に対しても常に何かをもたらしてくれる人」だと話した

宮沢りえ(45)

萬田久子(60)

田中麗奈(38)

吉永小百合(73)

中居正広(46)

竹中直人(62)

北大路欣也(75)

リリー・フランキー(54)

内田裕也(78)
告別式が始まる直前、車いすで現れた内田。式の終盤では、内田の歌う「朝日の当たる家」が流れた

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

本誌未掲載カット

撮影:蓮尾真司