女優・真木よう子(35)の新事務所「レプロエンタテインメント」への移籍が先日発表された。心機一転ということなのだろうが、果たしてうまくいくのか。

 真木の“お騒がせ”は、昨年夏の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)の初回放送後、自身のツイッターで土下座動画を投稿したところから始まった。

 主演女優がこのような投稿をすることも初めてならば、それまでクールビューティーとして認知された真木だっただけに、「一体どうしたの?」と、ネットがざわつき始めたのだ。その直後に“コミケ騒動”が起きた。

 2017年8月25日にまたもやツイッターで、自身の写真集をクラウドファンディングで制作し、同人誌即売会「コミックマーケット93」で販売することを発表したのだが、コミケファンから「コミケの場を荒らすな」「オタクをバカにしている」といった批判が殺到し、炎上してしまった。

「主演ドラマの放送期間中ということもあり、彼女の一連の行動に批判が殺到したのでしょう。結局、ドラマの視聴率も平均4%台と振るわず、最終話を待たずに打ち切りになります。これらの件で、彼女は精神的に追い込まれたのか、その後も体調不良で撮影をドタキャンしたり、主演映画を降板したりとトラブルが続き、昨年末には長年、所属した事務所『フライングボックス』を退所します。かつての演技派女優もこの騒動を機に、完全に“プッツン女優”のレッテルを貼られてしまいました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 その後、個人事務所を設立するが目立った活動はなく、聞こえてくるのは、激痩せを心配する声や、うつろな表情で通院する姿を目撃したという声ばかり。業界内では、「このまま引退もあり得るのでは?」と案じる声もあった。

 そんなタイミングで大手事務所への移籍が発表されたため、驚いたファンも多かったようだ。

「今回の事務所の移籍は、今年6月に真木が主演した映画『焼肉ドラゴン』の鄭義信監督の紹介で実現しました。真木は現在、至って健康ですし、今後は、映画、ドラマをメインに女優として活躍していくと思います。期待していてください」(事務所関係者)

 そんな真木の復帰第1弾となる主演ドラマは12月15日に放送される「炎上弁護人」(NHK)。世間やマスコミにバッシングされ、“社会の敵”となった人々を救う弁護士を演じるという。演技派女優・真木の“炎上ぶり”に期待したいものだ。