『ブラック・ジャック』(手塚治虫)未完の大傑作を改め読んで知る“医療”とは、生きるとは、人間とは?

写真拡大

 なんと、物語探索も連載が始まって20回目を迎えたそうです。

 もう20回かぁ……毎回興味深い作品に触れさせていただき、それらを自分の言葉で感想を綴るというのはとても難しいですが、とても面白いです。

 この連載を始めたことで、物語への向きあい方も少し変わったような気がします。前は個人で楽しむことが主でしたが、今は自分がどんなところに心を動かされ、それをどんな言葉に置き換えれば人に伝えられるのか、と「伝える」ことを意識するようになりました。

 今後も色々な作品と出会って、心を動かされた感動を、みなさんに伝えられたらいいなと思います。

 さて、そんな感慨に耽りながら今回は物語探索の特別編です。特別編ではまだ手に取っていなかった未読の名作に触れていきます。

 今回は『ブラック・ジャック』! 前回の『火の鳥』に続き、漫画の神様と呼ばれる手塚治虫先生の不朽の名作のひとつです。

 あらすじはこちら(公式サイトより)。

----
 無免許の天才外科医であるブラック・ジャックが活躍する医学ドラマです。

 ブラック・ジャックは、天才的な外科手術の技術を持ち、死の危機にさらされた重症の患者を、いつも奇跡的に助けます。しかしその代価として、いつも莫大な代金を請求するため、医学界では、その存在すらも否定されています。

 人里離れた荒野の診療所に、自ら命を助けた助手のピノコとともに、ひっそりと暮らすブラック・ジャック。

 彼の元には、今日も、あらゆる医者から見放された患者たちが、最後の望みを託してやってくるのです。
----

 お前、これも読んでなかったのか……と言われそうな程に、誰もがその名を聞いたことがある『ブラック・ジャック』。はい、お恥ずかしながら原作をきちんと読んだことはありませんでした。

 私の持っていたブラック・ジャックの知識はこの程度です(´・ω・`)

・闇医者らしい
・めちゃめちゃ腕がいいらしい
・しかし、治療を依頼すると法外な値段を要求するらしい。
・ピノコという女の子がいる

 今回読んだ1巻(※文庫版)では概ね上記の内容で間違っていなかった……! 一度も原作を読んだことがない人間でも、この基本内容が知れ渡っているというのってよく考えたらすごいですよね。TVアニメ化など、メディアミックスも多く行われていて、年代を問わず愛されているのが分かります。

 実は私、ドラマ・映画での医療モノ作品が大の苦手なんです。何が怖いって、手術シーンの描写!! 昨今はどんどん描写がリアルになっていて、人体がパカーって開かれて臓器のアップもバンバン映りますよね。あれを見ると私が手術受けてるわけじゃないのに、なんかお腹が痛くなってきちゃうんですよね。だからそのシーンだけ直視できません……。でも漫画ならいけるかな? と思ったら、手塚先生の手術シーンもリアルでした。臓器〜( ;∀;)

 患部の描写をなんとなく指で隠しつつ、チラチラ見える描写の細かさに脱帽です。

 手塚先生の漫画って、デフォルメはされていても雑じゃないんですよね。描かれているもの自体に熱量がギュっと詰め込まれているから、こういった医療物だと説得力が特に増すというか。

 ドラマなどで目につく医療系の物語の多くは、患者に襲い来る病よりも、学閥みたいな病院内の人間関係のドロドロを描くことに焦点を当てているものが多かったり、昨今のニュースではお医者さんになるという夢を踏みにじるような、男女差別があったり……。

 病気そのものに焦点を当てているものが少なく、病気よりも人間が恐ろしいという気持ちになることも多く感じます。もちろん、私欲をこらしたり、適当な診察しかしないお医者さんばかりじゃないことも分かっているけど、どんどんお医者さんを信じる気持ちは希薄になっています。

 『ブラック・ジャック』は基本的には1話完結です。誰かが怪我・もしくは病気になり、ブラック・ジャックの元に訪れます。

 作中の手術シーンは、フィクションだから可能なもの(もちろん現実に起こり得る病気のものも多数ありますが)も多いです。ピノコ誕生のお話しは特に、フィクションだから生まれた手術(畸形嚢腫の手術自体は本当にあるそうですが、そこからピノコを産み出す手術について)ですよね。

 それとは逆に『海賊の手』というお話しは、スポーツ万能で、体操選手を志していた少年が病気により左手が義手となり、夢を断念させられ、そこから義手でも打つことができる将棋に出会い立ち直っていく話なのですが、こちらは現代の医療ならば十分可能なのではと感じました。

 患者が悲観にくれ、道を踏み外してしまうかもしれない。そうならないように手助けする。新しい希望を与えてあげられるって、すごいことです。

 体の一部に大きな傷を負ったり、死に瀕して寝たきりになったり。そういったことを救えるのはやはりお医者さんしかいないのです。

 ブラック・ジャックは法外な値段を要求するけれど、(相手によりますが)搾り取ったりだまし取ったりはしないし、彼の信念がちゃんとあります。そういった部分を読み取るべき描写や考えさせる話が多く、この作品に触れたことで医療の道を志す人も多かったのではないでしょうか。

 また作品には、病気について知る、興味を持つ、対策をする、医者を信じる、医療に希望を持つ、など患者側にも必要なことが示されています。

 医療は、誰もが人生の中で関わらないわけにはいかない身近なもの。読者の想像力、共感力、読み解く力、考える力が必要な作品ですが、本来物語とはそういうものですよね。感性を養うために必要な刺激を提示してくれる、きっかけをくれる素晴らしい物語です。

 私も怖がってばかりいないで、もうちょっと病院に対して歩みよりたいと思います。とりあえず逃げ回っている歯医者から……。
(文=華山みお)

【ダウンロードはこちらから!】

『ブラック・ジャック 1』
掲載誌/レーベル:手塚治虫文庫全集
著者:手塚治虫
出版社:講談社