韓国国会議員が竹島上陸計画 政府が抗議

写真拡大

 韓国の国会議員が竹島(島根県隠岐の島町)への上陸を計画し、政府が外交ルートを通じ抗議したことが11日、分かった。

 自民党の「領土に関する特命委員会」(新藤義孝委員長)が党本部で開いた会合で外務省幹部が明らかにした。

 韓国メディアの10日の報道によると、韓国国会の教育委員会所属の議員十数人が22日に上陸を予定している。韓国の議員が上陸すれば5月以来、約5カ月ぶりとなる。外務省は「到底受け入れることはできず、極めて遺憾」として10日にソウルの日本大使館などを通じ「厳重に抗議」し、計画中止を求めた。

 特命委も会合で「わが国権益への許し難い侵害に断固抗議」する決議を採択した。上陸計画の中止に加え、ロシア軍による北方領土周辺での射撃訓練中止や尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺海域に中国が設置したブイの撤去などにも取り組むよう政府に求めた。