必要なのは壁だけ! 持ち運べる“映画館”っていかがですか?

写真拡大 (全8枚)

ビジネスシーンをはじめ、自宅でYouTubeの動画視聴、キャンプやアウトドア先など、手軽に設置して簡単に使えるモバイルプロジェクターの需要は日に日に高まっています。今回は携帯性に優れたモバイルプロジェクターをご紹介します!


ケーブル接続いらずで
どこでも上映可能


今回、ご紹介する「Nebura Capsule」は、350ml缶サイズと小型ながら、360度スピーカーという性能を併せ持つケーブルレスのモバイルプロジェクターです。



Anker
Nebura Capsule
実勢価格:3万9800円


画質もフルHDに負けないくらいキレイに映しだしてくれるので、シーンに関係なく気軽に使えるのが最大の魅力です。



壁があれば、このようにシアタールーム化することだってできちゃいます! 天井に投影したい場合は、三脚を使って安定させるといいでしょう。


ネット動画が上映できるから
高画質モデルよりAnkerが正解


小型プロジェクターは数多く出ていますが、その中でもNebura Capsuleが圧倒的にオススメなのは、本体サイズが缶ジュースほどの手軽なものということ以上に、アンドロイドOSを搭載しているところ。



その場でスッと上映できてラクチン!



角度調整やズーム機能はないので、自分で設置位置を調整する必要があります。



専用アプリをインストールすることで、スマホ画面がカーソル操作ポイントとなります。



最初からある程度インストールされていますが、新たにアプリを追加することも可能です。

プレイヤーやPCに接続しなくてもネット動画などを再生できます。



360度スピーカーなのでどこに設置しても周囲の人がきちんと聴こえるように音が鳴ります。

またBluetoothスピーカーとしての機能もあるおかげで、貧弱だったプロジェクターの音質がきちんとしたもので再生できるんです。サイズ、機能、音すべてが揃っているので、どこへ持ち出してもみんなで楽しめるNebura Capsuleはオススメです。

気になっているけれど、まだ購入を見送っている人も多いモバイルプロジェクター。お値段も手頃なので、この機会にぜひ実機を見てその性能を確かめてみてくださいね!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。