ルーナ・ラブグッドを演じたイヴァンナ・リンチ

写真拡大

映画『ハリー・ポッター』シリーズで不思議ちゃんルーナ・ラブグッドを演じたイヴァンナ・リンチ(27)。このイヴァンナが過去に摂食障害と闘っていたことを告白し、『ハリー・ポッター』が人生を変えてくれたと明かした。

2006年に『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』でルーナ役に抜擢されたイヴァンナ・リンチ。ダンスリアリティ番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』のシーズン27に出演するイヴァンナが現地時間8日の放送で、大好きだった『ハリー・ポッター』について次のように語った。

「私がとても辛い時に乗り越える手助けになっていたわ。」
「11歳とか12歳の時に私は摂食障害と闘っていたの。摂食障害の人なら分かると思うけど、それは人生かかって闘うものよ。」
「そんななか、唯一私の気を紛らわせてくれたのは『ハリー・ポッター』シリーズだったわ。」
「(著者)J・K・ローリングに手紙を書き始めたの。彼女も返事をくれて、私たちはその後ペンパルになったわ。」
「私は病院に入ったり、出たりしていた時だったんだけど、彼女から手紙が届いていたの。」
「あの本と彼女の優しさのおかげで、また生きたいと思えるようになったのよ。」

ちなみにローリング氏は、ペンパル相手だったイヴァンナがオーディションを受けていたことを役が決まった後で知ったそうだ。

さらにイヴァンナは、「何かを創りあげたり演技するっていう感覚は、スリムでいることや完璧であるっていう感覚よりももっと好きなの」「『ハリー・ポッター』に出演したことで人生が変わったわ。私にも何かできるって証明してくれたの。世界に何か提供できるって」と語った。

『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』でイヴァンナは、プロのダンサーのキオ・モツェペ (Keo Motsepe)と『ハリー・ポッター』のヘドウィグのテーマでウインナワルツを披露。華麗な踊りを魅せ、会場を沸かせた。

摂食障害を克服し、新たな分野でも挑戦し続けるイヴァンナの活躍には勇気付けられる人も多いことだろう。
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)