2018年3月、通算45年間続いた出演番組『ポンキッキーズ』(BSフジ)が終了した、国民的キャラクターのガチャピン(5)とムック(5)。2人の “その後” が心配されたが、なんと7月にユーチューバーへの転身を発表。

 HIKAKINなど超大物ユーチューバーたちを擁する事務所「UUUM」に所属して、さっそく動画配信をスタートさせている。

 この日、本誌がオファーしたのは、なんと初の “グラビア撮影” だ。

我先にスタジオに

「FLASHの皆さん、おはようございます。今日は水着撮影って聞いていたけど、あのー、僕たち男の子なんですけど……」  

 スタジオに入ったガチャピンが驚いたのも無理はない。用意されていたのは、2人の体型に合わせた特注ビキニ。そして本格的なグラビアに挑戦してもらうため、本誌はミスFLASH2017の3人にグラビア撮影の “指南役” をお願いしていた。

 池田ゆり、月城まゆ、吉澤玲菜の3人だ。

「私たち、男性グラビアの撮り方はわからないから、今日はガチャピンとムックにも、私たちと同じビキニでチャレンジしてもらいます」

「ええー! できるかなぁ……」  

 不安のなか、撮影が始まった。体が柔らかい(?)ムックは、「だっちゅーの」「女のコ座り」を完璧に決めていく。ところが、ガチャピンは……。

「ムック〜、足が短いからムリ! たすけて〜!」

 女豹ポーズをしても、土下座にしか見えないガチャピン。でも、その姿に癒やされたスタッフからは「ガチャピン、かわいすぎ!」と声援が飛ぶ。 

「女豹のポーズ? あれどんな意味があるのかよくわからなかったね。あの〜FLASHさん、今度は何も着ないグラビアを撮ってほしいなぁ」

 そう撮影の感想を教えてくれたガチャピン。

 ムックは、「まさか私たちまで水着を着るとは……。いつもは裸の私たちですからねぇ。逆に恥ずかしかったです。どんな写真が撮れたのか、楽しみですぞ〜」と応えていた。 

(増刊号FLASH DIAMOND 2018年11月10日号)