[ワシントン 10日 ロイター] - 米ホワイトハウスのサンダース報道官は10日、米株式市場の急落を受けて声明を発表し、経済のファンダメンタルズは依然として強く、景気の見通しは明るいとの認識を示した。

「失業率は50年ぶりの低水準にあり、家計と企業向けの税率は引き下げられ、規制は大幅に削減された」と指摘した。