ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』で6年ぶり新キャラに挑む(撮影/luckman)

写真拡大 (全2枚)

『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)で“視聴率女王”の名を欲しいままにしてきた米倉涼子(43才)が、満を持して出演する新作は、今までにない痛快リーガルドラマ『リーガルV 〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系、10月11日スタート・毎週木曜21時〜)。ヨネ本人が熱望して実現した“小鳥遊翔子”というキャラクターへかける思いを明かしてもらった。

「『ドクターX』は忘れてもらいたいんです!」

 テレ朝木曜21時という米倉涼子にとっては“おなじみ”の枠で、6年ぶりとなる新たな作品に挑むヨネは、大門未知子のイメージを払拭するように“人生最短”のショートカットで、キリッと言い放った。“自由奔放なキャラをやりたい”とヨネ自ら提案したという、元弁護士の小鳥遊は、ファッションも型破りだ。

「一見すると下着?って思うような格好も。そういうアイテムをうまく着こなしていきたいですね」

 小鳥遊を演じる心得は、「自分をどこまで解放できるか、度胸をつけるだけ」と語るヨネだが、やはり視聴率は気になるようで…。

「勘弁してほしいって思います(笑い)。でも、人に認められたくて始めた仕事なので、もちろん見てほしいし、もし低視聴率で始まったら“数字取るために脱いじゃおうか”って言い始めるかも」

 座長として、プレッシャーと闘う覚悟は充分といった様子。さらに、「決めぜりふ、あった方がいいですか!? 相談してみます」と、作品を面白くする工夫やアイディアへの貪欲さも垣間見え、役柄さながら、“勝つためになんでもやる”ヨネのストイックさを感じた。このドラマ、新たなハマり役になりそうだ。

※女性セブン2018年10月25日号