運転を小泉に任せ、豊原は背もたれをしてリラックス

写真拡大

 季節外れの真夏日となった10月7日のお昼12時過ぎ。東京・渋谷の目抜き通りから一本入った裏道に白い高級外車が停車した。助手席に乗っていた男性を降ろすと、再び発進…と思ったら、150m先の劇場に駐車。運転席から現れたのは、大きなサングラスをかけた小泉今日子(52才)だった。「時間差」をわざわざ演出するためか、助手席から降りた男性は、片手をポケットにつっこみながらゆっくりとした足取りで劇場へ入っていく。同じくサングラスをかけた豊原功補(53才)だった。

「離婚したわけでもなく、不倫関係のまま堂々としているなんておかしいという大バッシングを少しは気にしたのか、さすがに一緒に“通勤”するのはマズいと思ったのか…」(ふたりの知人)

 小泉プロデュース、豊原演出の舞台『またここか』(9月28日〜10月8日)はチケット即完売の話題作だったが、初日から波乱含みだった。

 9月27日、舞台を特集したネットメディアの記事に、稽古場で話し込むふたりの写真が紹介された。翌28日には、朝日新聞のインタビューに揃って登場し、交際について豊原は《それが本質なのかなという思いはあるが、これからのわれわれの活動を見てもらうしかない》と堂々と語った。

 さらに29日の終演後、ロビーで“まるで夫婦のように”並んで観客の見送りをしていた写真が報じられると、インターネット上にはふたりを非難するコメントも見られた。

「それでも、その後もふたりは舞台の見送りを続けていました。正直、本人たちはどこ吹く風。もはや誰も何も言えないんです」(舞台関係者)

 冒頭の2日前、この日も見送りを終えた小泉と豊原は、タクシーで5分ほどの場所にあるロシア料理店へ向かった。

「舞台スタッフや知人も一緒でしたよ。小泉さんも豊原さんもよくふたりでもいらっしゃる常連さん。ここは嵐の二宮和也さんや奥田民生さん、二階堂ふみさんら芸能人も多いので訪れやすいんでしょうね」(常連客の1人)

 店を出たのは深夜2時半。帰途につこうとするスタッフを上機嫌に「30分だけ!」と引き留めると再びタクシーへ。小泉、豊原、舞台を見に来ていた栗原類(23才)が先発隊のタクシーへ。スタッフは後のタクシーに乗りこみ、一行は2軒目のバーへと入っていった。

 小泉が所属事務所からの独立と、豊原との不倫関係を発表したのは今年の2月1日。女優休業を発表したのは6月15日のことだった。以来、小泉は裏方として、豊原との二人三脚に徹してきた。

「世間の非難にさらされようと、彼女が自分らしくいられるのであれば応援する気持ちがないわけでもない。でも、ちょっと最近はタガが外れてしまっているというか、キョンキョンらしさがないというか…。周囲も本当に心配している」(小泉の知人)

 隠し事はしない、批判も甘んじて受ける。しかし、一線は守る――それが小泉のスタイルだったはずだと知人は言う。

「1年ほど前、小泉さんは新居を借りました。彼女の自宅からも豊原さんの自宅からもほど近いメゾネットタイプの高級マンションです。

 あくまでふたりで作った新事務所の仕事場として、ということでした。小泉さんが長年住んでいる自宅に迎え入れるわけではなく、仕事場を借りたことも小泉さんらしいな、と思いました。豊原さんも自宅からそこへ通っていましたし、明け方になったとしても帰るようにしていましたから。

 ただ最近は、豊原さんが帰るというルールもなく同棲状態。仕事へも小泉さんが運転手をして一緒に来ることが多い。なんだか今までの彼女じゃないみたいで」(前出・小泉の知人)

※女性セブン2018年10月25日号