ソニーの吉田憲一郎CEOがイギリスの経済紙・Financial Timesのインタビューに答え、「現時点で言えるのは、次世代ハードウェアを用意する必要があるということです」と、PlayStation 4(PS4)の後継機となる次世代ゲームハードの開発を認める発言をしました。

Sony Confirms PlayStation 5 Is Coming, But Won't Speak Its Name

https://www.forbes.com/sites/insertcoin/2018/10/09/sony-confirms-playstation-5-is-coming-but-wont-speak-its-name/



Sony confirms a ‘next-generation’ PlayStation is in development - BGR

https://bgr.com/2018/10/09/sony-ps5-release-date-report/

Sony Is Working on a New PlayStation Console | Complex

https://www.complex.com/pop-culture/2018/10/sony-working-on-new-playstation-console

Microsoftは次世代ゲームハードの開発について一切隠しておらず、ゲーム業界の一大イベント「E3 2018」に先駆けて開催された「The Xbox E3 2018 Briefing」の中で、Xbox Oneの次の世代のゲーム機を開発していることを正式に発表しました。

MicrosoftがXbox Oneの次世代機とゲームストリーミングサービスを計画中 - GIGAZINE



対するPlayStationはというと、2018年4月にはPS4の後継機となるPlayStation 5に関する情報がリークされ、大きな話題を呼びました。ソニーが次世代ゲームハードを開発していることはほとんど公然の秘密となっているわけですが、それでもソニーはPS4の後継機の開発に関する発表は一切行っていません。

次世代ゲーム機「PlayStation 5」の情報が一部リーク、開発キットは既にメーカーへ配布済みか - GIGAZINE



そんな中、Financial Timesがソニーの吉田CEOに対して行ったインタビューの中で、「現時点で言えるのは、次世代ハードウェアを用意する必要があるということです」という発言が飛び出したことで、海外メディアは一斉に「ソニーが次世代ゲームハードを開発中であることを認めた」と報じています。

また、ソニーがMicrosoftのように次世代ハードの開発を正式に発表しない理由については、「PS4が大成功し続けている事を考えれば、ソニーが将来のゲームハードについて話すことは利益につながらない」とフォーブスは指摘しています。なお、吉田CEOが発言の中で「PlayStation 5」という名称を出さなかったため、一部の海外メディアは「次世代ハードがPlayStation 5という名称ではなくなる可能性がある」と報じています。加えて、Financial Timesが業界関係者から入手した情報によると、「次世代ハードはPS4から大きく逸脱することなく、基本的なアーキテクチャも似通ったものになる」とのことです。



by Fabian Albert

任天堂はNintendo Switchで据置ゲームと携帯ゲームの両方の長所を取り入れることに成功しており、Microsoftはゲームストリーミングサービスの「Project xCloud」であらゆるハード向けにXboxのゲームを提供することを計画しています。そんな中、ソニーが次世代ハードでどのような方向性を見出してくるのかは、ゲーム業界の今後を見据える上で非常に重要な点となりそうです。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの小寺剛社長は2018年5月に「今後3年間で次のステップを準備し、将来的により高いレベルへ飛躍できるようにする」と語っており、これをベースに考えると、ソニーは2021年に次世代PlayStationを発売する計画なのではないかと海外メディアのComplexは推測しています。