吉本坂46、選抜メンバー16人決定 スパイクの小川暖奈とトレンディエンジェルの斎藤司が正式センターに (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 アイドルグループ・乃木坂46、欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾として、秋元康氏と吉本興業が展開する新プロジェクト「吉本坂46」のメジャーデビューシングル(タイトル、発売日未定)の選抜メンバー16人が9日、発表された。暫定センターだったトレンディエンジェルの斎藤司とスパイクの小川暖奈の2人が正式なセンターに決定。選抜メンバー最年長は63歳の村上ショージ、最年少は25歳のガンバレルーヤのまひるとなった。最年長と最年少の年齢差38歳で平均年齢は38.9歳だった。

【アップ写真】センターに選ばれた”芸人界有数の美女”スパイク・小川暖奈

 デビューシングル表題曲の選抜メンバーは、エハラマサヒロ、遠藤章造(ココリコ)、大地洋輔(ダイノジ)、尾形貴弘(パンサー)、小川暖奈(スパイク)、おばたのお兄さん、金田哲(はんにゃ)、ケン(水玉れっぷう隊)、こいで(シャンプーハット)、河本準一(次長課長)、斎藤、なだぎ武、まひる(ガンバレルーヤ)、村上ショージ、ゆりやんレトリィバァ、よしこ(ガンバレルーヤ)の16人に決定。元NMB48の三秋里歩、高野祐衣、M-1王者の銀シャリ・鰻和弘は惜しくも悔しい選抜落ちとなった。

 センターと発表されると齋藤は「私が吉本坂のセンター分け齋藤でございます。ぺっぺっぺー」と喜びのコメント。小川も「よかった〜」と暫定センターからの留任に安堵の表情だった。

 吉本坂46は応募総数1747人の中から書類や水着、ダンスなどの審査をくぐり抜け、8月にメンバー46人が決定した。デビューシングルは年内に発売予定。年明けにアイドル・吉本坂46として初の握手会も実施する。選抜されなかったメンバーによるユニットも以下のように発表された。

■ユニットメンバー
【ユニット1メンバー】
SHUHO、藤井菜央、榊原徹士、A-NON、多田智佑(トット)、三秋里歩、まちゃあき(エグスプロージョン)、高野祐衣、西村真二(ラフレクラン)、小寺真理(吉本新喜劇)、池田直人(レインボー)、光永、HIDEBOH、田中シングル(8.6秒バズーカー)、きょん(ラフレクラン)、しゅんしゅんクリニックP

【ユニット2メンバー】
旺季志ずか、島田珠代(吉本新喜劇)、さゆり(かつみ・さゆり)、野沢直子、八木真澄(サバンナ)、山本圭壱(極楽とんぼ)、てつじ(シャンプーハット)、鰻和弘(銀シャリ)、川島章良(はんにゃ)、おたけ(ジャングルポケット)、岩橋良昌(プラス・マイナス)

【ユニット3メンバー】
たかし(トレンディエンジェル)、松浦志穂(スパイク)、マサルコ

【ユニット4メンバー】
村上ショージ+α