今井絵理子

写真拡大

『不倫報道から1年あまり……今井絵里子議員が堂々の交際宣言!』

 このニュースを聞いて、驚いたというか、呆れた人も多いだろう。

 今回、今井議員が交際宣言をすることになった原因は『週刊新潮』(10月11日号)の直撃取材にある。

 昨年7月、彼女は“ハシケン”こと橋本健・元神戸市議会議員との不倫を同誌に報じられている。その翌月に、橋本氏は政務活動費の不正受給が発覚し議員辞職に追いやられることに。さらに今年2月、詐欺罪で起訴され、先月初公判があったばかり。いわゆる“被告人”でもある。

「昨年の時点では関係ありません」

 不倫報道の際に行われた会見での「一線は越えていない」発言も記憶に新しいだろう。

 その後、ふたりは破局したものだと思われていたが、交際が続いていると見ていたマスコミ関係者は多かった。ほとぼりが冷めるまで、会うのを控えていたのだろうが、そろそろ大丈夫と踏んだのかーー。

 今井議員は『新潮』の直撃取材に対して、交際が再開したのは今年に入ってからと回答。そして、同誌記事のタイトルに記されていた“略奪愛”という文言ついては、

《昨年の時点では関係ありません。それに、橋本先生は当時、離婚調停中で、夫婦関係は破綻していた。略奪ということには、非常に困惑しています》(一部を抜粋) 

 と、真っ向から否定。強気の姿勢を見せている。

「SPEED時代から、気が強いことで有名でした。まだ子どもと言える年齢だったときから、周りの大人に対しても言いたいことはハッキリと言ってましたからね」(レコード会社関係者)

 国会議員となった今もそれは変わっていないようだ。政治家でシングルマザー、そして聴覚障害を持った子どもを一人で育て上げていくのには、多少気も強くなければつとまらないのもわかるが、

「いつまでたっても、“芸能人気質”が抜けていないんですね。略奪に対する言い分も、芸能人がよく使う常套句です。不倫自体は認めても、“相手の夫婦関係はすでに破綻していた”として、自分が家庭を壊したわけではないと主張するところはまさにそうです。何かとSNSを使って私生活を発信するのもそう」(芸能プロ関係者)

 加えて同誌の取材には、今後は橋本氏を支えていくことを示唆しつつ、再婚の可能性にまで言い及んでいる。

 ここで気になるのは、橋本氏に判決が下されたとき、場合によっては歯科医師の免許停止になる可能性だ。

 『新潮』記事の最後は、

《残りの任期は4年。あと1億円以上の税金が、彼女、場合によってはその「マスオさん」たるハシケンの懐に入ることを、我々国民は肝に銘じておくべきであろう》

 と締められている。その可能性は大いにあるわけだが、それだけではなく、

「彼が、今井議員の秘書になることもあり得ますね」

 と、テレビで語った政治評論家もいる。

 冗談はほどほどにしてもらいたい。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。