高橋被告を保釈へ「1年ほど前から…やめられず」

写真拡大

 覚醒剤を使用したとして起訴された女優・三田佳子さんの次男・高橋祐也被告(38)が「1年ほど前から覚醒剤をやっていた」と供述していたことが分かりました。

 高橋被告は先月、東京・渋谷区の自宅で覚醒剤を使用した罪に問われています。捜査関係者によりますと、高橋被告はこれまでの取り調べに対して「1年ほど前から覚醒剤を始めた」「やめられなかった」と供述しているということです。東京地裁は保釈を認める決定を出していて、高橋被告は9日に保釈保証金300万円を納付し、勾留されている渋谷警察署からまもなく保釈される見込みです。関係者によりますと、高橋被告は裁判が始まるまでの間、東京を離れて薬物依存からの回復に専念するということです。警視庁は、覚醒剤の入手ルートなどを詳しく調べています。