日経平均は「3万円」の方向に行くのか、それとも「上昇終了」なのか。多くの人は「モミ合い」を予想するが、筆者はこの人に注目する(撮影:尾形文繁)

日経平均株価は5月以降、5度目にして2万3000円を抜き、一気に2万4000円台に躍り出た。さらに1月23日の高値2万4129円を抜いたことで27年ぶりの高値圏に入っている(5日の終値は2万3783円)。

「上げに浮かれず、下げを恐れず」の意味とは?

今、投資家の意見は少し単純化すれば強気と弱気の2つに割れている。「3万円」説と「ここで天井」説だ。もっともコンセンサス(市場の平均的な予測)は「2万3000円〜2万5000円」でのモミ合いではあるのだが・・・。

意見が分かれているのは、アメリカの株式相場でも同様だ。アメリカの気迷いは、金利上昇への迷いだ。金利上昇は、短期的には株価にマイナスだが、中長期的には景気好調を意味し株にプラスとなる。5日続伸して先週は2日連続で史上最高値を更新したニューヨークダウ(工業株30種平均株価)は、金利上昇を嫌がる動きを見せている。金利に敏感なナスダックに至っては8月末に史上最高値を付けた後、調整に入っている。

前回の「『実質青天井相場』で勝つ『3つのポイント』」でも少し振れたが、27年ぶりの高値は、多くの投資家にとって「未知との遭遇」だ。明確な上値の目標地点がないと、投資家は自身の立ち位置が分からなくなる。青天井でどこまでも上がる気もするが、今が高値かもしれないと不安にもなる。そこに拍車をかけるのが貿易摩擦に名を借りた米中覇権争いだ。アリババのジャック・マー会長などは、この争いは「20年戦争」だと読み解いている。どういう世界になるか、こちらも「未知の世界」になる。

しかし、別の見方をすれば「神経質に明日の心配をしても仕方がない」となるのではないか。さらにこの争いは、ただ資源を消耗するだけのリアルな戦争と違う。両国とも有利に戦うため、国民に対して景気後退にならぬよう、強力な内需喚起策を取ることになる。すでにさまざまな策は実行されているが、7日にも中国人民銀行が今年3回目の預金準備率引き下げ実行を発表した(実施は15日から)。不透明な中では下がると不安になるが、勝つ投資家の心構えは「上げに浮かれず、下げを恐れず」だ。

それらを踏まえたこれからの投資戦略だが、2008年のリーマンショックで世界経済は一度リセットされ、新しい世界がスタートしたと考えられる。

その新しい世界の現状を、安値だった2009年3月の株価と今年の高値を比べて見ると、アメリカ(NYダウ)約4倍、ドイツ(DAX)約3.5倍、日本(日経平均は約2.8倍、TOPIX=東証株価指数約2.5倍)、中国(上海総合)約1.2倍となる。

直近では、ドイツDAXの調整安と日経平均の急騰で、日独の株価はほぼイーブンとなった。しかしTOPIXの出遅れは依然として続いている。狙い目はこのTOPIXだ。2012年以降の9月末と11月末のTOPIXの値を比べて見ると、全6年すべてで9月末より11月末が高くなっている。その上昇率は5.4%(2013年)〜12.0%(2015年)だ。2016年の上昇率も2ケタだった。

この理由はひとことで言えば、アベノミクスだと考えられる。毎年11月の時期は補正予算や、次年度の拡大予算を材料に上昇しやすい。また、稼ぐ力のついた日本企業の通期決算への上方修正が出たためもあると思われる。

「買えないところで買う」のが相場の極意

では2018年の今年はどうか?米中貿易摩擦の懸念はあるが、補正予算や2019年度拡大予算については「安倍3選」ですでに期待が高い。また企業業績も現在の1ドル=113円台(先週末現在)と直近の日銀短観大企業製造業想定レートである1ドル=107円40銭の差を考えると、増額修正ラッシュさえ考えられる。

しかも10月5日現在の日経平均EPS(1株益)は1732円だが、5%程度の最終増益を考えると優に1800円を超える。「第1次アベノミクス相場」(2013年1月〜2015年6月24日と設定)の平均PER(株価収益率)は約16.1倍だった。

その後(2015年6月25日〜2018年9月末)の平均は同14.5倍だが仮にEPS1800円を基準に前者16.1倍なら2万9000円。後者14.5倍でも2万6100円。一方、9月末のTOPIXは1817ポイント(日経平均2万4120円)だったが、6年間で最低の「5.4%上昇」を適用しても11月は1915ポイントとなる。現在のNT倍率13.27倍で計算すると(今後は少し低下すると予想するが)、11月末の日経平均は2万5412円だ。

さらに、6年間のこの時期のTOPIX上昇のリード役となったのが、業種別では「電気機器」だったというのが極めて面白い。毎年5.4%〜12.0%以上の上昇だった。現在「電気機器」は買えない業種の1つで、ソニーやTDK等1部の銘柄を除き惨憺たる株価だ。日本を担っていると言っても過言ではないファナックや東京エレクトロンの下げはきつく、京セラ、アドバンテストも全く冴えない。「買えないところで買う」のが相場の極意。筆者は、ここは狙い目ではないかと思っている。以上を総合的に勘案して、今週の日経平均株価予想レンジは2万3350円〜2万4200円とする。