Microsoftは、現地時間10月2日にリリースしたWindows 10 October 2018アップデート(バージョン1809)に、ファイルを勝手に削除する深刻なバグがあることを認め、現在公開を停止しています。

ファイルが勝手に削除される!

Microsoftは、10月2日にWindows 10 October 2018アップデートをリリースしましたが、 ユーザーから「ドキュメントフォルダ内のファイルが勝手に削除される」との苦情が相次いでいました。
 
同社は現地時間6日、 アップデートに問題があることを認め、ダウンロードサイトから同アップデートを削除しました。Windows Updateによる自動アップデートのプッシュが始まる前の段階だったようです。

「対応が遅すぎる」との指摘も

Microsoftはサポートページに、以下のメッセージを掲載しています。
 

アップデート後、一部のファイルが消えているというユーザーからの報告を調査するため、Windows 10 October 2018アップデート (バージョン1809)の全ユーザーに対する公開を一時的に停止しました。

 
なおすでに同アップデートを手動でダウンロードしたユーザーに対しては、インストールせず、新しいアップデートが公開されるまで待つよう推奨しています。
 
これに対し一部のユーザーからは、「テスターはこの問題を数週間前に報告していた。対応が遅すぎる」との指摘が上がっています。

 
 
Source:Microsoft,Techdows via Engadget
(lunatic)