「ZyonMana」の落書き(画像は削除されたYouTube動画のワンシーン)

写真拡大

人気YouTuber夫婦の「ZyonMana(ジョン・マナ)」が、米アリゾナ州セドナにある「レッドロック」と呼ばれる岩場に落書きをしたことを自らの動画で明かし、インターネット上で批判が相次いでいる。

パワースポットとして人気のセドナは、ネイティブ・アメリカンの「聖地」としても知られる観光地。過去には、同様の落書き行為に及んだ女優が、米当局から罰金を科されたこともある。

「削ったから絶対になくなりません」

家族の日常や育児に関する動画で人気のジョン・マナは、HIKAKINらを擁するYouTuber事務所「UUUM(ウーム)」に所属。チャンネルの登録者数は30万人超で、総再生回数は1億2000万回以上に達する(2018年10月5日現在)。

そんなYouTuber夫婦は10月2日、「ルイルネの初登山が可愛すぎるwww【パワースポット】」と題した動画をアップした。「ルイルネ」は2人の息子・娘のことで、家族でセドナの自然公園を訪れた際の様子をおさめた内容だ。

この動画で、夫のジョンはセドナの大自然を1人歩きながら、「まだ俺とマナが付き合ってすぐに、実はアリゾナに来たことがあるんだけど」と視聴者に告げる。そして、

「セドナって、めちゃめちゃパワースポットで有名なの。YouTubeとか始める前に、この岩のところに『ZyonMana』って書いて、写真を撮ったの。だから今こうして、ジョンマナがあるのも、もしかしてセドナのおかげなのかな」

と感慨深げに振り返った。このとき、画面には当時2人で岩場に彫った「ZyonMana」の文字を映した写真も表示された。

その後、落書きをした場所を探し始めるジョン。だが結局、思い出の岩場は見つからず、「書いたの4年前だから、もしかしたら消えちゃっているかも...」と不安気にこぼす場面もあった。

ただジョンは動画の中で、そうした心配を自ら打ち消すように、

「いや、(岩を)削ったから絶対になくなりません」

とも宣言していた。

批判噴出で動画は削除

この「落書き」告白は、視聴者の間でたちまち物議を醸すことに。4年ほど前の話とはいえ、ネイティブ・アメリカンの「聖地」でのこうした行為を受け、ツイッターやネット掲示板には、

「落書きは流石にありえない。。。ダメでしょ」
「最低すぎますよね。堂々と消えません!って言ってましたけど...」
「まじでありえない。歴史建造物とかに落書きするやつたまにおるけどそれと一緒でしょ」
「ノリ的には寺社の鳥居にジョン・マナ参上!って掘ってんのと変わらんと思う」

といった批判が相次いで寄せられた。

なお、セドナでの落書きをめぐっては、女優のヴァネッサ・ハジェンズ(29)が16年2月、恋人と自分の名前を岩に彫った写真をインスタグラムで公開。これが問題となり、米当局から1000ドル(約11万円)の罰金を科されたことがある。

そのためネット上では、こうしたヴァネッサの事例を引き合いに、今回のジョン・マナ動画について「まず謝罪をする事はできないのでしょうか」などと問題視するユーザーの姿も目立っている。

こうした手厳しい反応を受けてか、ジョン・マナの2人は18年10月4日朝までに問題視された動画を削除。だが、動画を削除した理由などの説明は一切なく、ファンに向けた謝罪の言葉もない状態だ(5日17時現在)。

またJ-CASTニュースでは5日、2人の所属事務所「UUUM」に対し、今回の問題に対する事務所としての見解などを尋ねたが、同日18時までに回答はなかった。