バラをあしらった深紅のロングコートを着る氷川きよし=東京・明治座

写真拡大

 歌手・氷川きよし(41)が4日、東京・明治座で、上演中の「氷川きよし特別公演」(29日まで)のPR会見を行った。新作喜劇とコンサートの2本立てで、同劇場では5度目の座長公演となるが、「あまり座長と言わないでください、と言ってるんです。プレッシャーになるので。『きよしちゃん』と呼んでもらいたい」と親近感たっぷり。

 ステージでは最新曲「勝負の花道」や故西城秀樹さんのカバー「傷だらけのローラ」などに加え、季節柄で持ち歌の「ハロウィン音頭」も披露し、客席を盛り上げる。日本でもすっかり定着した仮装イベントに、「かぶり物をして楽屋入りして、お客さんにウケたこともあります。今年はカボチャになりたいですね」とプランを練っていた。