ニンテンドースイッチに新たなバリエーションが加わるようです。詳細は以下から。

WSJ紙の報道によると、任天堂が人気ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の新バージョンを2019年後半にも発売する計画であることを部品メーカーなど複数の関係者が明かしたとそうです。
ニンテンドースイッチの新型については諸説あり、Buzzap!編集部に対しては「基本的な性能はそのままに一部の仕様を簡略化したニンテンドー3DSの後継にあたる携帯機。ダウンサイジングすることで価格を抑えた廉価版」という情報が寄せられています。
また、「ニンテンドー3DSの後継機」にあたるモデルの投入について、任天堂自身も否定していないほか、日経テクノロジーの記事でも3DS後継機はスイッチベースになるとされています。
君島社長は3DSについて「スイッチとは形状や重さ、価格が違い、すみ分けができる」と強調。後継機に関しても「求められるニーズやマーケットがあるので、引き続き検討している」と述べた。
より処理能力を向上させた「Pro」的なモデルになるのか、はたまた3DS後継機的な位置付けのモデルになるのか、それとも単なる廉価版となるのかは気になるところ。
2019年後半投入ということは年末商戦を意識した展開となるようですが、やはりキラータイトルと共にリリースされるのでしょうか。

【新型ニンテンドースイッチ、2019年後半に発売か】を全て見る