2日に放送された日本テレビ系『news zero』にゲスト出演し、その服装や姿勢、話し方などに賛否両論がまき起こっているメディアアーティストでPixie Dust Technologies.Inc CEO,筑波大学 准教授・学長補佐の落合陽一氏。3日放送のAbemaTV『けやきヒルズ』に緊急生出演し、昨夜の“炎上”を振り返った。

 「『news zero』に授業後そのまま下駄で行ったらなぜか炎上した。みんな僕の発言じゃなくて下駄に興味があったり、Tシャツがダボッとしていてだらしないと言われたりして」と話す落合氏。今回、話題になったことについては「僕は結構まともなことを言っていたと思うので、正しいことを見た目が気に食わないヤツに言われるとみんな怒ることがわかった(笑)」とコメント。また、ダイバーシティの考え方に紐づけ、「日本人がスーツを着ていないといけないという考えから、見た目とか雰囲気に惑わされずに正しいことを言えるかどうかが大切。スーツを着て来た人の信頼性が高かったら、胡散臭いことを言ってもいいってことになる。それはよくないでしょ」と指摘した。

 これまでコメンテーターとして『けやきヒルズ』にも何度か出演していた落合氏はこの日、番組を見学に来た自身の研究室の学生の引率としてスタジオに来ていたが、急遽出演が放送中に決定し“乱入”した。急な展開に戸惑う番組キャスター初日の大木優紀アナウンサーに対しては、「大丈夫、世の中そういうもんですから」と述べつつ、今後については「他人にどう見られるかじゃなくて、自分でやりたいことをやればいいんです」とアドバイスをおくった。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎ 落合陽一氏“緊急生出演”シーンはこちら