「大事な8年間でした」カラテカ矢部太郎が大家さんからの手紙に号泣

ざっくり言うと

  • 3日の番組で、矢部太郎が大家さんからもらった手紙を披露した
  • 手紙には、矢部が部屋に来てくれたから生きてこれたという一文があった
  • 矢部は涙を流し、「僕にとって大事な8年間でした」としみじみと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング