東京・JR新橋駅近くにある“1人焼肉専門店”、「焼肉ライク」

写真拡大 (全3枚)

類似店が続々と誕生!?

 東京・JR新橋駅近く、「焼肉ライク」という“1人焼肉店”が大きな注目を浴びている。テレビの取材も少なくなく、専門家も「今年下期から来年にかけて、外食業界を席巻する」と太鼓判を押す。人気の理由を探った。

 ***

 店のセールスポイントはシンプルだ。1人客をターゲットとし、可能な限り肉の値段を下げる――その分、メニューは厳選されている。

 例えば冷麺やユッケなどは最初から用意していない。基本は肉と白飯、ワカメスープ、キムチだ。ナムルやチョレギならサイドメニュー。アルコールは後述するが、日本酒を置かないなど、最小限の品ぞろえと言っていい。

 要するに長居する店ではないのだ。ファミリー層を狙う住宅街の店舗や、繁華街の高級店とは真逆のスタイル。「焼肉ライク」も公式サイトで堂々と「焼肉のファストフード」と宣言している。

東京・JR新橋駅近くにある“1人焼肉専門店”、「焼肉ライク」

 具体的にメニューを見てみよう。公式サイトにも公式Facebookにもメニューは掲載されていない。そこで「食べログ」に投稿されている写真を参考に、主なセットメニューを紹介する。全て「ごはん・キムチ・スープ付き」だ。値段の高い順に並べており、いずれも税別。単位などの表記は弊社規則を優先した。

◇牛タン【ネギ塩レモン】&和牛上カルビ【塩】セット
 100グラム 1260円
 200グラム 1960円

◇うす切りカルビセット【タレ】
 100グラム  530円
 200グラム  860円
 300グラム 1190円

◇豚トロ【タレ】&ホルモン【味噌だれ】セット
 100グラム 660円
 200グラム 960円

 対して「カスタムメニュー」では肉を自由に注文することが可能だ。100グラムなら、牛タン780円、ハラミ530円、カルビ480円、ホルモン380円――など9種類が用意されている。ハーフ50グラムの注文も、定食との組み合わせもできる。

牛タン&カルビセット 100gで970円

 アルコールは、グラスワイン(赤)550円、レモンサワー500円、生ビール480円、芋焼酎480円、ハイボール400円、ウーロンハイ400円の6種類。繁華街にある一般的な焼肉店のように酒類に注力していないのは明らかだろう。

高齢者でも肉を食べるべき――ただし「赤身肉」が動脈硬化の原因に? アンチエイジングの第一人者が語る最先端

 同店を訪問して実際に食べた経験を持つ、フードサービス・ジャーナリストの千葉哲幸氏(60)は「まさにコロンブスの卵です」と指摘する。

「1人焼肉をたまにやっていた人は意外に多いと思います。ただ私もそうですが、4人掛けのテーブルを1人で独占する罪悪感がネックでした。焼肉店はグループやファミリー客をターゲットとし、満席にならなくとも経営が成り立つ戦略を採ってきました。ところが『焼肉ライク』は盲点を突き、回転率と満席率を重視することで客単価を1000円台に設定しました。1人焼肉の潜在的なニーズを考えると、これは外食産業における今年後期の大ヒットとなり、来年には、業界を席巻する可能性は充分にあると考えています」

 運営するのはダイニングイノベーション(東京都渋谷区)で、代表取締役会長は西山知義氏(52)。外食産業に詳しい方なら、焼肉チェーン店「牛角」の創業者としてご存知だろう。

 西山氏は東洋経済の取材に応じており、「いきなり!ステーキ」(ペッパーフードサービス/東京都墨田区)の成功に触発された経緯を率直に明かしている(「牛角創業者が仕掛ける『1人焼き肉店』の勝算 業態開発のヒントは「いきなり!ステーキ」東洋経済ONLINE:2018年9月1日)。

「『いきなり!ステーキ』は当初、価格設定を牛肉1グラム5円とし、客単価2000円前後で大変な人気となりました。ところが現在、スタンダードなもので1グラム6.9円となっていて、客単価は2000円をはるかに超えていることでしょう。『焼肉ライク』の客単価はおそらく1200円あたり。一般的に焼肉はステーキよりもおなじみで、お手軽な価格であればいつでも食べたいのではないでしょうか。私がこちらで14時ごろに食事をしていたところ、中高年の女性が入ってきて『4人で予約したいんですけど』と言ってました。こちらでは予約は取らないのですが、おいしそうな焼肉の写真にとんかつ屋さんなみの価格が表示されていると、どんな人も興味を抱かれることでしょう。老若男女、広範な顧客層を見込めます」(同・千葉氏)

低い出店ハードルも追い風

 千葉氏の見解では、「いきなり!ステーキ」だけでなく、「吉野家」(東京都中央区)や「松屋」(松屋フーズ/東京都武蔵野市)、既存のラーメン、パスタ専門店やファストフードの顧客を振り向かせる力があるのではという。

「『焼肉ライク』は『牛角』のノウハウを応用して精肉業者がカットし、調理したもの仕入れています。キッチンのスペースや作業も省力化され、坪効率や作業効率も良い。新橋のお店では、中国人を始めアジア系のお客様も多く、従業員も英語が堪能で、インバウンドにもきちんと対応しています、私の取材では、焼肉ライクは今後5年間で国内300店舗の出店を目指し、インドネシアを皮切りに海外にも積極進出するそうです。」(同・千葉氏)

 今の日本経済はデータ上では好景気になるそうだが、我々の財布は相変わらずデフレモードであることは言うまでもない。一方で外食産業は、人件費などランニングコストの上昇から、値上げ圧力が高まっている。

 だが低価格均一の焼鳥で人気の「鳥貴族」(大阪市浪速区)が17年10月に一律280円の商品を298円に値上げして以来、客数が前年を割り込む傾向が見られ、今年6月の既存店売上高が前年比9%減ったと発表した。

「外食業界で苦渋の値上げが相次ぐ中、『焼肉ライク』はみんなが大好きな焼肉を、1人でお手頃な価格で食べられるという形で登場し、消費者に大きなインパクトを与えることに成功しています。焼肉ライクは実にタイムリーな登場と言えるでしょう」(同・千葉氏)

 もともと小規模の焼肉店では、1人焼肉に注力していたところもあった。例えば東京・恵比寿の「焼肉おおにし」は1人焼肉の“メッカ”とも形容される人気店だ。高田馬場に支店をオープンさせるなど伸長著しい。1人焼肉に詳しい関係者が解説する。

「大阪では焼肉店にカウンターが設置されているところもあり、古くから1人焼肉の文化がありました。『焼肉おおにし』は、大阪のカウンター焼肉を東京に“輸出”することでヒットしたわけです。和牛、赤味、ホルモン、希少部位、刺身など、品揃えは豊富。全て80グラムで、ハツやセンマイなら600円ですが、赤身肉は1300円以上です。シャトーブリアン3500円というメニューもあります。要するに低価格帯の店ではありません。『焼肉ライク』は、こうした小規模店舗の動向も参考にし、チェーン店のスケールメリットを最大限に活用しようと考えたのかもしれません」

 興味深いことに、「焼肉おおにし」が支店を作った高田馬場では、「トノサマカルビ」という、同じ1人焼肉の専門店が営業中だ。「熟成カルビ定食」が690〜1400円で6種類用意されるなど、「焼肉ライク」に非常に似たメニュー構成となっている。

「運営会社・スターティングオーバーの住所は、『吉野家』の持ち株会社である吉野家ホールディングスと同じです。吉野家グループの事業会社と見るのが自然でしょう。スターティングオーバーの公式サイトを見ると、他に親子丼や唐揚げなどのチェーン店も経営しています」(外食業界ウォッチャー)

 近年、一気に注目を集めている1人焼肉。来年はチェーン店も個人店も更にバラエティを増し、斯界の覇権をかけてしのぎを削っているかもしれない。

2018年10月2日 掲載