深圳北駅に停車するMTR(香港鉄路)の高速列車「動感号」(手前)と、中国鉄路の「和諧号」(筆者撮影)

中国本土と香港を結ぶ「広深港高速鉄道」が9月23日に全線開業した。


東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

この高速鉄道は、中国の国家戦略プロジェクトである広東省・香港・マカオを一体化し結び付けるグレートベイエリア(粤港澳大湾区)構想の重要な交通ネットワーク政策として建設が計画され、2009年に着工した。

起点となる広州南駅―深圳北駅間116kmは2011年12月に開業。今回開通したのは残りの西九龍駅―深圳北駅間26kmで、同区間はほぼ地下を走る。全線開業により、香港紅磡(ホンハム)駅―広州東駅間を結ぶ在来線では約2時間かかる香港と広州の間は、西九龍駅―広州南駅間約47分と大幅に短縮された。

上海や北京にも直通列車が

開業前日の22日には、西九龍駅で香港特別行政区主催の開業記念式典が盛大に開催された。林鄭月娥長官をはじめ、陳帆運輸・住宅局長、馬時享MTR(香港鉄路)主席や、中国側からも広東省の馬興瑞省長ら多数の要人が参列した。

林長官は「香港が中国の高速鉄道網に加わることにより、グレートベイエリア地区だけでなく、首都北京や上海などとの経済圏と人と物流がつながり、より中国との協力関係に貢献するだろう」とあいさつした。


初日乗車の乗客とMTRの幹部ら(筆者撮影)

列車の運行は深圳北、広州南行の短距離列車が1日70往復〜多客時114往復、上海、北京などへの長距離列車は1日13往復設定され、1日あたり8万100人の利用者が見込まれている。西九龍―深圳北間の途中駅は福田駅のみで、深圳北駅から先は光明城、虎門、慶盛の3駅を経て広州南駅に至る。深圳北駅、広州南駅はともに高速鉄道専用駅で、街の中心よりやや離れているが、どちらも地下鉄で中心部へのアクセスが可能だ。

西九龍駅から深圳北までの所要時間は約19分。列車は全席指定制で、運賃は普通車の場合深圳北まで86香港ドル(約1290円)、広州南まで215香港ドル(約3220円)となっている。ただし、運賃の設定は中国人民元建てとなっており、人民元と香港ドルの為替レートを毎月調整して金額を決定するそうだ。


深圳北駅へ向かうMTRの高速列車「動感号」(筆者撮影)

車両はMTRが開業に合わせてCRRC(中国中車)青島四方機車車輛に発注したCRH380A型8両編成の「動感号」(Vibrant Express)と、中国鉄路の高速列車「和諧号」や「復興号」によって運行される。「動感号」は香港をイメージした“躍動する”という意味のネーミングで、主に福田、深圳北行きの短距離列車に充当され、最高速度は時速200km。それ以外の中・長距離列車は和諧号や復興号が中国側乗務員の担当によって相互乗入れを行っている。


高速鉄道専用として新たに建設された西九龍駅舎(筆者撮影)

開業日当日、MTRのWebサイトであらかじめ予約と支払いを済ませた確認書を持参し、香港西九龍駅へ向かった。同駅はMTR西鉄線の柯士甸(オースティン)駅と機場快線(空港特急)・東涌線の九龍駅に挟まれた場所に、新たに地上3階・地下4階の駅舎が建設された。MTRの両駅とは、ブリッジや地下通路で結ばれている。駅にはレストラン、売店、銀行(両替所)などもある。

確認書は地下1階の窓口カウンターで乗車券に引き換える必要があり、外国人はパスポートの提示が必須となっている。チケットにはパスポートナンバーと氏名が英字で印字されていた。予約していない場合は窓口で購入することも可能だが、発券は列車出発時間の60分前で終了。同じく45分前までに改札ゲートを通過しなければならない。

利便性か自治か「一地両検」

西九龍駅から列車に乗車する場合、目的地の駅はすべて中国本土となるので、駅構内で香港から出境(出国)し、さらに中国へ入境(入国)する必要がある。

ゲートの先では、まず空港同様セキュリティ検査がある。持込手荷物は、縦・横・高さのトータルが130cm、重さは20kgまでと制限があり、それを超えると超過料金が課せられる。エスカレーターで地下3階の離港大堂へ降りると、香港側のイミグレーションと税関があり、パスポートとチケットを提示してここを通過する。


香港側(手前)と中国側の間にある黄色の太いライン。西九龍駅構内で香港と中国の出境・入境手続きを同時に済ませるシステムだ(筆者撮影)

免税店が並ぶ店舗を過ぎると、床に香港と中国本土の境を示す太い黄色のラインがある。このラインを越えるとその先に中国側のイミグレーションと税関があり、中国への入境手続きを済ませる。同じ駅舎内で香港と中国との出入境手続きを済ませるこのシステムは「一地両検」と呼ばれる。近くでは中国の公安(警察)が不審者がいないか目を光らせており緊張する。

この「一地両検」について、香港政府は乗客の利便性を考えたと説明している。だが、1国2制度で本来は独自の法律が適用される香港にありながら、駅構内の一部や列車内では中国の法律が適用されることになるため、香港の自治が失われると香港民主派の人々は反対している。当日も駅舎の外では撤廃を求める集会が行われていた。


車体側面に入った「動感号」のロゴ(筆者撮影)

中国の入境手続きを済ませると、その先には広い列車待合室がある。吹き抜けになっており採光もよく清潔で明るいイメージだ。地下2階には1等車の乗客専用ラウンジもある。ホームは全部で14もあり、列車出発時間に合わせてホームごとにもう一度自動改札を通過しなければならない。最初に入場してからここまでの時間を考えると、最低でも30分の余裕がないと乗り遅れてしまう可能性もある。

改札が始まると地下4階のホームへエスカレーターで降りてやっと列車に乗車することができる。動感号用のホームと長距離列車用の16両編成対応のホームとに分かれているが、他のホームへ移動することはできない構造になっている。

中国に直結した香港の将来は

MTRの動感号は8両編成で579席。両先頭車が1等車で2+2席(一部1+2席)で68席。中間車6両が2等車で2+3席の511席となっている。


動感号の1等車内。シートは2+2列(一部1+2)の配置でゆったりしている(筆者撮影)

短距離用であり、車内はビジネス特急のイメージとなっておりシンプルだ。デッキには給湯器、客室内には荷物用ラック、天井に液晶モニターが設置されている。無料Wi-Fiサービス、充電用コンセント、1等車のシートには読書灯、音楽サービスチャンネルソケットの設備がある。現在9編成(72両)が投入されている。

西九龍駅を発車してしばらくすると、車端部の電光掲示板に示されたスピードは時速180km前後を表示していた。次の福田駅は通過し、トンネルから出ると減速してわずか19分の列車の旅は終了した。西九龍駅で中国の入境手続きは終了しているので、ここでは自動改札から出るのみで済む。深圳北駅は高速鉄道の専用駅で、駅構内は多くの乗客であふれかえっていた。


動感号の2等車(普通車)内(筆者撮影)

中国の高速鉄道網は2018年に2万5000kmに達し、世界一となっている。さらに「八縦八横」と呼ばれる高速鉄道建設計画が国務院より答申され、2020年には3万km以上、2030年には4万5000kmに達すると発表されている。香港も、今回の新線開業でこの高速鉄道網に組み込まれたことになる。

高速鉄道網によって中国の各都市と直結したことで、利便性の向上や経済のさらなる発展に期待が集まる一方、「一地両検」に見られる中国の影響力の拡大に反発や懸念の声もある。高速鉄道は社会や経済にどのような影響をもたらすか、イギリスから中国に返還されて今年で21年を迎えた香港の将来を見守りたい。