剛力彩芽

写真拡大

 ZOZOTOWNを運営する株式会社ZOZOの前澤友作社長と剛力彩芽のカップルに、また炎上騒ぎが起こっている。

 剛力は自身のInstagramで、CELINE 2019年春夏コレクションショーにフロントロウ(最前列)で観覧したことを報告。ショーの素晴らしさやモデルが着用していたアイテムに目を奪われたことを綴り、最後にロケで訪れたことを示唆。「インタビュー行ってきます」とまとめた。

 特にとりとめもない投稿だったのだが、コメント欄に前澤社長が登場し、彼女と同席していたことを告白。「刺激的なショーだった」「奇跡的に招待してもらえたのは2人して本当にラッキーだった」と書き込んだのである。

 このことでコメント欄が炎上。「(前澤社長が表立ったことをすることで)剛力さんの仕事に影響が出ているような気がする」「フォローしてあげてほしい」などと書き込まれると、ファンの声に返信する形で「影響を与え合えるようなお付き合いを彼女とさせてもらっていることに誇りに思う」と宣言。

 その一方で、中傷コメントに近い書き込みがあると「言いたいことはわかるけど、基本私たちの自由なので。好きにさせてください。嫌なら見ないで」とピシャリ。「なんでそんなイライラしてんの?笑。楽しいイメージを膨らませようよ!」など、取りようによっては挑発しているようにも見える返信もしていた。

 「2人が同席したということは、いつかはバレること。前澤社長がコメントをすることで、“スクープ狙いの記事より先に先手を打った”という声もあります。ただ単純にコメントをしたかったのか、何か裏があるのかは不明ですが、彼の言うように、気になるのなら、見なければいいのに……とは単純に思います」(SNSに詳しいライター)

 女優でも実業家でも、怖いのは“無関心”である。本当に嫌いならば、SNSも見ず、コメントもしないのが一番いい攻撃方法なのだ。それでも2人の行動に注目し、さらにコメントをする労力まで使うのは、そこまで前澤社長と剛力カップルのことを好きな人が多いということ。まだまだアンチという名の“ファン”は増えていきそうだ。

この記事の引用について
剛力彩芽公式Instagramより https://www.instagram.com/ayame_goriki_official/