季節の変わり目は、気温や紫外線の影響から肌荒れしやすい時期です。キレイなお肌を保つため、超簡単な「コットンくるくるマッサージ」をご紹介します。

写真拡大 (全7枚)

季節の変わり目は、お肌の大敵!?

季節の変わり目のこの時期、肌荒れの悩みを抱える方が目立ちます。 この原因の多くは、外温と体温のバランスをうまくコントロール出来ず、代謝が悪くなっていることではないかと思います。

夏に受けた紫外線のダメージにより、真皮層のコラーゲンやエラスチンが壊れ、たるみを引き起こしたり、皮脂のコントロールがうまく出来なくなって、ニキビが多発したりと……トラブルが多いです。

夏の疲れによって体だけではなく、お肌も同じように元気がなくなります。

美肌を作るために絶対必要なこと、それは「お肌を清潔に保つ」。しかもなるべくお肌に刺激を与えずに、毎日キチンとケアする、という継続力が必要です。

コストと時間をかけない、毎日1分行うだけの超簡単なスキンケア方法をご紹介します。

準備

1:大判コットンを用意

コットンを真ん中から2枚に裂き、2cm程残したところで折り返し、コットンの内側のフワフワした面を表に出す。

2:コットンを少量の水道水で湿らせ、軽く絞る。
乾いたコットンで不要な刺激を受けるのを防ぎ、化粧水も少量で済みます。乾いたタオルにコットンを軽く押し付けてもOK。

3:湿らせたコットンに化粧水(100円玉大)を含ませる。
化粧水はお手持ちの物でよいです。お持ちでない方は、気兼ねなく使えるお肌に合うモノ、もしくは精製水(グリセリンを5:1の割合で混ぜた手作りの化粧水)をご用意。

水も洗顔フォームも不要! 超簡単な拭き取り洗顔「コットンくるくるマッサージ」


1:右手の人差し指と小指でコットンをはさみ、顔の下から上に向って外側にくるくる拭きます。


2:左頬は、左手で耳近くから頬を引っ張るようにして押さえながら、右手で持ったコットンで時計回りにくるくると円を描くように拭き上げます。


3:右頬は、左手を頭の後ろへ回し、耳近くから頬を引っ張るようにして押さえます。

 
4:右手で持ったコットンで、左頬は反時計回り、右頬は時計回りになるよう、内から外側に向かって円を描くように拭きます。

5:おでこは、上下を二等分し、2ラインで左から右にくるくると拭き上げます。

○おでこ下部分:左のこめかみの下からスタートして、両方の眉上を通り、右のこめかみ中程に向かって斜め上方向にくるくると拭き上げます。

○おでこ上部分:左のこめかみ上部から髪の生え際沿いを拭き上げ、最後に、右のこめかみ上部へとくるくると拭き上げます。


6:鼻は小鼻を中心にくるくる滑らせます。汚れの溜まり易い小鼻周りは、特に丁寧に細かく拭き取ると良いです。

キレイなお肌を保つ「コットンくるくるマッサージ」の3つのメリット

1:表皮の水分を保持しながら、洗顔だけでは取りきれない皮膚の溝の汚れが取れ、お肌を清潔に保てる。

2:真皮へ刺激を与え、コラーゲンの生成を促し、皮脂のコントロールを助け、ハリと弾力のあるお肌を作る。

3:筋繊維に沿ってマッサージすることで、筋肉を運動させてたるんだ筋肉を引き上げ、リフトアップした表情筋を保つ。

2つのルールを守って、さらに効果UP!

1:化粧水はケチらずたっぷり使う!
お水で湿らせたコットンに、ヒタヒタになるくらいたっぷりの化粧水を含ませて下さい。水分が少ないと乾いたコットンが直接お肌に触れ、刺激が強すぎてしまいます。また化粧水はご自分のお肌に合っていれば、安価なものでも十分です。

2:拭き取った後のコットンをチェックする!
マッサージ後のお顔を拭き取ったコットンを見て、色が付いていたらもう1度拭き取って下さい。コットンに何らかの色味が出たら、まだお肌が汚れている証拠です。

付着した色は大気中の塵や、クレンジングで取りきれていないメイク汚れなので、コットンが無色になるまで何回か拭き取って下さい。

この毎日たった1分で出来るコットンマッサージ方法で、お肌の活性化&リフトアップした若々しいお肌を作ってみてはいかがでしょうか?
(文:境 貴子)