東京メトロ、財布やケースに入れたままでチャージができる専用機を導入

写真拡大 (全5枚)

東京メトロは、ICカードを利用する乗降客の利便性向上のため、IC読み取り部をトレイ型にしたICチャージ専用機を導入する。2018年10月2日(火)、銀座線上野駅を皮切りに、ターミナル駅を中心に順次導入していく。

■切符利用の減少に対し交通系ICカードの利用者が増加中
近年交通系ICカード(以下、ICカード)の普及に伴い、東京メトロ線内券売機でのきっぷ等の取扱件数は減少し、一方でICチャージ件数が増加している。今回、 ICカードを利用する人がより便利に東京メトロを利用できるよう、新たなICチャージ専用機を導入する。

■パスケースや財布に入れたままでチャージできる
今回導入するICチャージ専用機は、 ICカードを財布やパスケースから出さずにスピーディーにチャージができるようにトレイ型のIC読み取り部を採用した。また、今年の3月から導入している旅行者向け券売機などと同様、日本語のほか、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、フランス語、スペイン語、タイ語の7か国語に対応し、 ICカードを利用する訪日外国人にもわかりやすく利用できる。

■「ICチャージ専用機」詳細
導入日及び導入駅:2018年10月2日(火)から銀座線上野駅を皮切りに東京駅、新宿駅など34駅に順次導入
画面サイズ:17インチ
対応言語:7か国語(日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、フランス語、スペイン語、タイ語)
機能:ICカードを読み取り部へセットすることでチャージ金額選択画面へ遷移し、10円単位チャージが可能。また、財布などから投入した金額をカウントし全額(10円単位)をそのままチャージすることや、任意の金額(10円単位)を入力してチャージすることも可能だ。




■東京メトロ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・初秋の京都でモシュ印とコケ寺リウムを楽しむ旅〜初日、東福寺、旧三井家下鴨別邸、常寂光寺〜
・ZIG、VTuber「華香院つばき」の2Dモデリングデータを無償配布
・「あそぶ!ゲーム展 ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」を10月6日より開催
・ソニー・エクスプローラサイエンスのインクルージョン・ワークショップ「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」今年も開催!
・東京ゲームショウ2018を彩る素敵なお姉さんたち。一般公開日初日