テレビ引退後も出版活動は継続(共同通信社)

写真拡大

 東京郊外の閑静な住宅街に建つマンションで、今夏、入居者たちの間にあるニュースが駆け巡った。

細木数子さん(80)の姿を見かけたんです。7月頃ですね。この辺りは著名人が住むような高級エリアじゃないし、都内の新築マンションにしてはそれほどの高級物件でもない。なんでだろうって噂になりました」(住人の1人)

 細木氏は2016年2月、東京・神楽坂の一等地に「3億円の事務所兼自宅を建設した」と報じられたばかり。なぜ、彼女の姿がここにあるのか。旧知の芸能関係者が声を潜める。

「細木さんの事務所が購入したそうです。もう80歳ですから、体力もかなり落ちています。騒がしい都会のど真ん中ではなく、静かな地で過ごしたいという意向もあったのでしょうか」

 銀座のクラブママから占い師に転じ、1990〜2000年代にかけて「あんた死ぬわよ」「地獄に落ちるわよ」の決めゼリフでバラエティ番組やCMで見ぬ日はなかった。

 細木ブームを引き起こした著作の『六星占術』シリーズは累計1億部を発行。この8月にも最新版が発売され、早くも100万部の大ベストセラーになった。その支持はいまだ根強い。

“占い業”の継承も進めており、細木氏のホームページのプロフィール欄を見ると、長く支えてきた女性マネジャーが登場し、2016年の出来事としてこう記載されている。

〈同居し、より長い時間を共に過ごす。養子縁組〉

「細木さんはこの女性マネジャーを養女にして、六星占術の手法も全て伝えているようです。彼女は今年5月に事務所の取締役に就任しています。夫も子供もいない細木さんにとって、最も信頼できる人に引き継いでほしいという思いがあったのでしょう」(前出・芸能関係者)

 そうした細木氏の“終活”は、別宅のある京都で進んでいた。細木氏に近い別の関係者が語る。

「6年前から京都の別宅の近くに建築費用70億円ともいわれる寺院が建立中です。このお寺は、細木さんの恩師である陽明学者、安岡正篤さんの菩提寺にする予定だと報じられています。六星占術しかり、もともと彼女の易学は安岡さんの教えや研究を元にしたもの。それで成功したことの感謝を表わしたいのかもしれません」

 実際に現地に行ってみると、建設現場の許可標識には、「許可を受けた者」として、細木氏の事務所の代表取締役と、宗教法人の代表取締役の名前が記載されていた。細木氏の取材を重ねてきたジャーナリストが語る。

「細木さんには何万人もの熱心なファンがいます。その人たちのために、自分が居なくなったとしても、側にいることを感じさせられるような場所を作る意味もあるように思います」

 冒頭のマンションや寺院について細木氏の事務所に聞いたところ、「引っ越しはしていません。寺院も建立していません」との回答だった。

 六星占術において、細木の運命星は土星人(+)。2018年は運気の流れが停止する「大殺界」に当たる。そうした“運命”に備えるための活動なのだろうか。

※週刊ポスト2018年10月12・19日号