創作漫画同人誌の描き手と読み手が一緒になって創り上げている創作漫画同人誌展示即売会「関西コミティア53」が2018年9月30日(日) 11:00〜15:30、OMM(大阪マーチャンダイズマート)ビル2階にて開催される予定でしたが、台風接近のため、10月8日(月・祝)に順延されました。





今回は約700サークルが参加することになっており、カタログの価格などは以下のようになっています。





「関西コミティア憲章」の「一般参加者<読み手>の方々へ」には以下のように書かれているので、このことを念頭に置くとイベントの理解度が深まります。

コミティアは<描き手>が自分の作品を持ち寄って発表する舞台として、またコミュニケーションの場として開催されております。

<描き手>は作品を通してメッセージを投げかけています。

あなたはその大切な受け手なのです。

あなたはそれを受けとめ、見て、読んで、あなたなりに評価してください。

ただ褒めて欲しいのではありません。

本を買って欲しい、手紙を書いて欲しい、というのではありません。

素直で、真剣な手応えが欲しいのです。

本を買う・買わない、読む・読まない、言葉をかける・かけないはあなたの評価しだいです。

もし、<描き手>が一生懸命描いた作品に対してあなたの心に響くものがあったなら、<描き手>に負けないだけの真剣さで接してほしいのです。


というわけで、要注目作品をざっくりとピックアップしてまとめてみました。





































































































































































































































































































































































































































































































































また、当日は以下のようなボランティア募集も行っています。