キス以上のお触りも!後藤真希が“17歳甥と一緒にお風呂”をやめたワケ

写真拡大

 9月26日に放送されたバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に、元「モーニング娘。」の後藤真希がゲスト出演した。同番組で後藤が告白した甥との関係が、視聴者に大きな衝撃を与えている。

「番組には後藤の甥っ子で俳優の勧修寺保都も出演しました。その際、後藤は、甥が4年前の17歳の時まで一緒にお風呂へ入り、背中を流したり、キスをしていたと衝撃告白。これにはスタジオ出演者から驚愕の声があがるも、甥は『本当に母親みたいな』と、おかしな気持ちにはなったことがないと語りました」(テレビ誌記者)

 しかし後藤といえば過去、半脱ぎまでしてみせた写真集を発売した際には、その豊満なバストで多くの男性を奮い立たせたものだ。それだけに今回のエピソードを聞いた視聴者からは「あの神ボディを目の当たりにした思春期の男が反応しないわけがない!」「これはうらやましすぎる」「完全に艶系ビデオの世界だ」と興奮する声が殺到した。

 また2人は、キス以上のスキンシップをしている可能性も浮上している。

「番組で後藤は視線を下に落としながら、『成長したね』『生えてきたね』と、入浴中の甥とのやり取りを告白。その際、彼女は竿のようなものをつかみ、手を上下に動かすジェスチャーを取り入れていたため、成長した甥のアソコを触っていた可能性があります。また番組では、なぜ17歳で入浴をやめたのかについては語られませんでしたが、4年前といえば、後藤が結婚した時期と重なります。甥とはいえ、さすがにキスをしながら2人で入浴するのは、旦那のことも考えてやめたのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 後藤は10月5日、初の語り下ろしエッセイを発売する。もしかするとその書籍でも、今回のような衝撃エピソードが語られているかもしれない。