今年4月、大阪市立総合医療センター(大阪市都島区)に、国内で2例目となる「AYA(あや)世代専用病棟」が開設された。地域がん診療連携拠点病院で、かつ小児がん拠点病院に「AYA世代専用病棟」が設立されるのは全国で初の試みだ。成人と小児世代の狭間になりがちだった10代後半から30代のAYA世代がんの診療について、大きな期待が高まっている。


「AYA世代専用病棟」のプレイルーム「Bright cafe」

◆ ◆ ◆

「AYA世代」ってなに?

「AYA世代」は、英語の「思春期と若年成人(Adolescent and Young Adult)」の頭文字からつくられた言葉で、医療界では治療しながら進学や就職、恋愛、結婚など、さまざまな人生の転機を迎える10代後半から30代の人たちを指す。

 現在、AYA世代のがん患者は全国に2万人以上いると推計されているが、医療機関も医療従事者もAYA世代に特化しているケースはほとんどなく、ケア環境の不足が課題となっていた。

 たとえば入院の場合、小児病棟・高齢者の多い成人病棟のどちらに入っても、AYA世代のがん患者は同室の患者と環境も話も合わずに孤立しやすいという悩みがある。厚生労働省の発表によると、AYA世代のがん治療成績が改善しない背景には、AYA世代特有の心理・社会的要因も関係しているというアメリカの調査結果があるといい、AYA世代のがん対策にはそういった要因を考慮した対策が必要だといわれてきた。

千葉や福岡からも患者が治療に訪れる

 そこで2018年4月、静岡がんセンターに次いで全国で2例目の、思春期から30代までの「AYA世代専用病棟」が大阪市立総合医療センターで開設された。西日本では初の試みで、大阪府内はもちろん、千葉や福岡などからもAYA世代の患者が治療に訪れている。

 同病院の「AYA世代専用病棟」は、1病棟すべてがAYA専用の病棟と位置づけられている。通常の病棟45床に対して27床というゆったりした配置で、4つの有料個室のほか、4人部屋の病室、食堂、プレイルーム、面談室、学習室、読書スペースなどが設けられている。

プレイルームはただの「遊ぶための場所」ではない

 プレイルームには、プレイステーションなどのテレビゲームやDVD、アイロンビーズ、レジン、ボードゲーム、漫画や雑誌のほか、ピアノやクラシックギターなどの楽器もあり、それぞれが思い思いに過ごせる空間となっている。

 プレイルームはただの「遊ぶための場所」ではない。病気の重みや治療の苦痛などで孤独を感じやすいAYA世代のがん患者が、ここへ来てくつろいだり、同じ病気で入院している“同志”の姿を見たり、時には一緒に話したりすることで、気分転換ができるようにというスタッフの思いがつまった「癒しの空間」なのである。プレイルームにつけられた「Bright cafe」という名前は、長期の入院患者やその家族らの案によるもので、「ここを利用する人がみんな『輝く心』を持てるように」という期待と希望が込められている。

AYA世代が独りで抱えている悩み 引き出す難しさ

 1病棟すべてを「AYA世代専用」とすることに、最初は不安の声も大きかったと原純一副院長(兼小児医療センター長)は話す。しかし、原副院長は「1病棟すべて」にこだわった。

「AYAでワンフロア(ベッドが)埋まるのかという心配の声があったのは事実です。でも、AYA世代専用病棟に入ってくるがん患者さんは一人ひとり症状が異なり、それぞれが異なるバックグラウンドを抱えている。そういった個々のニーズに対応できるようにするためには、やはりワンフロアすべてをAYA世代専用病棟にする必要があった。重層的に関わるスタッフ構成にも力を入れています」と原副院長は話す。

 AYA世代専用病棟は、通常の病棟のように疾患で区別するのではなく、小児科と同じように「年齢」で区切っているため、あらゆるタイプのがん患者が集まる難しさがある。また、年齢的に15歳未満の小児に多くみられるがんと、成人に多く発生するがんのどちらも発生しうるため、小児血液腫瘍科と血液内科、腫瘍内科、放射線治療科など成人診療科との綿密な連携も必要とされる。

 同病棟では、AYAサポートチーム、精神科リエゾンチーム、保育士、医療ソーシャルワーカーなどが患者の状態ごとに応じる体制を整えている。

 さらに原副院長は、AYA世代は独りで悩みを抱えてしまいがちだが、その悩みが個々に違うので、引き出すのが難しいと指摘。そういった問題を解決するために、AYA世代の心の悩みや闇をほどく糸口をつかむ病棟専従スタッフとして、看護師のほか「子どものスペシャリスト」である保育士が活躍している。

医師や看護師、親にも言えないこと

 同病棟の泉谷(いずたに)恵子さん(師長)も、病棟専従の保育士は「患者さんとスタッフ間のコミュニケーションになくてはならない存在」だと語る。「(AYA世代専用病棟の)立ち上げから一緒にスタッフに入っている保育士は、一人で集中できるものから何人かで一緒に楽しめるものまで、さまざまなイベントや企画を考えて、つねに(患者の)気持ちを盛り上げてくれる。思春期や複雑な悩みを抱えているAYA世代の中には、医師や看護師、さらには親にも言えないことも保育士になら話せるという患者さんもいて、心のケアに必要な存在」と患者との信頼関係を築く一助になっていると話す。

いままでの病院と「雰囲気が全然違う」

 生後10カ月で脳腫瘍を患い、以来26年間病気とつきあい続けてきた尾藤(びとう)祐二さんは、それまで別の病院に通っていたが、「AYA世代専用病棟ができたので行ってみたらどうか」と主治医にすすめられて同病院に入院しているという。AYA世代専用病棟の印象について尋ねると、「雰囲気が(いままでの病院と)全然違う」と話してくれた。

 尾藤さんはこれまでは脳外科病棟に入院していた。5年に1回程度入院していたが、最近は入院となると高齢の人と同室になるケースが多く、どことなく居心地の悪さを感じていたという。周囲で看護師に話しかけるような人もいないので、自分から看護師に声をかけにくい雰囲気もあったそうだ。「AYA世代専用病棟はテレビで紹介されていたのを観て知っていた。看護師さんも同室の方も同世代が多いので、気軽に話せるようになった」と尾藤さんは笑顔を見せる。

 この病棟にきて一番良かったことは? と質問すると「同じがんでもいろいろな病気があるんだと分かったこと」と尾藤さんは答えた。

「これまでの病院だと、自分の病気だけが珍しいんかなと思っていた。でもここへきて、ほかにも自分と同じように(若くして)がんになっても一生懸命がんばっている人がいるんや、と励みになりました」

 母親の弘美さんも「AYA世代専用病棟にきてから(尾藤さんが)明るくなりました」と嬉しそうだ。スタッフの寄り添いと病棟環境の改善で「決して独りじゃない」と安心できる場所をつくること。AYA世代のがん治療は、まずここからスタートする。

写真=末永裕樹/文藝春秋
(#2に続きます)

(相澤 洋美)