左から松本伊代、後藤真希、王林(りんご娘)

写真拡大

元モーニング娘。の後藤真希(以下、後藤)が、9月26日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、毎週水曜21:00〜)の2時間スペシャルに出演。夫とのなれそめやイケメン俳優の甥とのオープンな関係を告白した。

ある共通点を持ったゲストをあらゆる角度から比較し、それをもとに、チュートリアル・徳井義実、フットボールアワー・後藤輝基(以下、フット後藤)、HKT48・指原莉乃、SHELLYがトークを繰り広げる同番組。今回は「アイドルな女」と題して、後藤のほかに、松本伊代と王林(りんご娘)が登場した。

2014年に結婚した後藤。今回、サングラス姿ではあるものの夫との2ショット写真をテレビ初公開した。MC陣は夫について、やんちゃなイメージがあったがジャケットを羽織り好青年風の男性だったことに驚く。

後藤は、告白したのは自分からだったと明かし「(出会った頃は)彼が10代の頃で、肌が白くて毛もなくて、中性的な感じが魅力的だなと思っていました」と回顧。その後、結婚するのか仕事をとるのかで揉めて、一度は破局してしまう。6年後、LINEのやりとりをしていると「ご飯でもどうですか?」と相手から誘いがあり、焼き肉デートへ行くことに。徐々に仲も深まりクリスマスイブに再び交際がスタート。翌月には同棲をしていたという。

フット後藤から、友人関係に戻ったにもかかわらず、再び好意を持つようになったきっかけを尋ねられると「毎回会うときに楽しく過ごしているんですけど、『じゃあね』ってお別れするとすごい切なくなるんです」と振り返った。

ここで「夫以外に大好きな男性」として甥で俳優の勧修寺保都が登場。後藤は、彼が17歳になるまでお風呂に入りキスをしていたと告白する。驚くスタジオに「(ウチでは)普通ですね」とあっけらかんとコメント。17歳であれば、女性にも興味を持つ年齢であり「気にならないのか?」と問われた勸修寺は「母親みたいな感じ」と回答し、「僕が……というよりもネネ(後藤の愛称)が意識しない」と語った。

後藤も「子どもの成長を見ているような感じで(下のほうを見て)『〇〇成長したね』みたいな」と爆弾発言。続けて「『生えてきたね』とか『増えたじゃん』とか、全然(下半身を触るジェスチャーをして)こうやります」と告白した。

夫がいても一緒にお風呂に入ることができると言い、むしろ「一緒に入っちゃって」と言われるほどだったという。なぜ、ここまでオープンな関係になったのかというと、後藤の母親に理由があるとのこと。当時の彼氏である夫とお風呂に入っていると「お母さんも入ってきていました」と述懐。「そういうのが受け継がれていると思う」と自ら分析していた。