「セックス依存症は精神疾患」と理解進む 性犯罪「逃げ道」の恐れ

ざっくり言うと

  • 「セックス依存症」を治療する研究が米国や英国などを中心に進んでいる
  • 米英の医療機関などでは、精神疾患として認定する動きが広がっているという
  • 一方で、性犯罪者やセクハラの加害者の罪を軽くする恐れも指摘されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング