公園にトイレットペーパーは必要か(写真はイメージ)

写真拡大

名古屋市内のほとんどの公園トイレトイレットペーパーがないことが市議会で取り上げられ、地元テレビでも報じられた。

理由はいろいろあるようだが、ネット上では、その是非を巡って様々な意見が出ている。

費用のほか、利用者のマナーの問題も

「公衆トイレのトイレットペーパーは必要なのか、公園のトイレ巡り議論」。きっかけは、中京テレビが2018年9月25日、こんなタイトルの記事を配信したことだ。ヤフー・ニュースにも配信された。

名古屋市の緑地維持課にJ-CASTニュースが26日に聞いたところによると、東山動植物園などの有料施設を除いた市内の591公園にあるトイレ826棟のほとんどで、トイレットペーパーは置かれていない。

元々、公園が設置されたときからそうだという。

その理由の1つとしては、費用の問題が挙げられる。全国に20市ある政令指定都市について名古屋市が調べたところ、トイレの棟数が2番目に多い。このため、ペーパー補充などの手間がかかり、1棟年間3万円で計約2500万円の経費になるという。

もう1つが、利用者のマナーの問題だ。自分でペーパーを用意すれば済むとして、市では、必要性もないと判断した。

1994年の市議会で、ペーパーを置く試行をしてみたらどうかと提案され、比較的大きな3公園のトイレ9棟で実際に置いてみた。ところが、ロールごとペーパーを便器に突っ込んでトイレが詰まってしまったり、ペーパーが頻繁に盗まれ、ホルダーも壊されたりした。

その結果、現在では、3公園の一部でしかトイレットペーパーを置いていないそうだ。

とはいえ、ペーパーがないことで不便だと訴える声はあるらしい。

市議会でも必要性めぐり論議

9月25日の市議会9月定例会では、自民党の松井良憲議員が議案外質問に立ち、公園トイレにペーパーはいるのではないかと市の考えをただした。

これに対し、市も、内外からの観光客の利便性や名古屋の魅力度アップを考えて、2019年度からいくつかの公園でトイレットペーパーを置く試行をしたいと答弁で明かした。

中京テレビの記事では、「名古屋は2年連続、魅力がないまちと評価されており、オリンピック開催を控える今、『公園のトイレにトイレットペーパーを常設して、観光客の印象を良くしてみては』という議論が起きている」と紹介している。

ニュースのコメント欄やネット掲示板では、名古屋市がペーパーを置いていないことについて、疑問の声も次々に上がっている。「いや普通は備え付けだろ」「旅行先で駆け込んだトイレに紙が備え付けられてなく、持ち合わせもなかったら最悪だ」「こんなことするから 魅力無い都市になるんだよ」といったものだ。

一方で、ペーパーを置いてもうまくいかないのではと疑問視する向きも多かった。「結局・・マナーの悪い市民が多い」「住民自身が大切にしていない街の魅力度を上げようとしても難しい」「予算があるなら、清掃の回数増やした方がいいのでは?」といった冷めた声も漏れている。

なお、名古屋市の緑地維持課によると、全国の政令指定都市では、ほかに3市の公園トイレにペーパーが置かれていないという。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)