パーソナルスタイリストの高橋 愛です。

連載「プチプラで楽しむファッションコーデ術」にて、皆さまの朝のヒントとなるような、プチプラコーディネート術を楽しみながらお届けできたらと思っています。

秋分の日も過ぎて、気持ち的に秋本番といった感じですね。

今の時期は1枚でキマるトップスが使える季節。朝晩は少し肌寒くて羽織りが必要な時もありますが、1枚でキマるトップスがあるとかなり便利です。

さて、クリストフ・ルメールコラボラインのuniqloUは毎シーズン人気ですが、何かチェックしましたか?

私も先日特設フロアに行ってきたのですが、大変賑わっていました。数あるアイテムの中で、今のシーズンに使いやすそうと私が選んだのは「ポンチVネックプルオーバー」。

ポンチ素材といえど、かなりしっかりとした生地で長い季節着れそうな1枚です。今週はこちらを着回していこうと思います。

【Vol.1】「千鳥格子の長めスカート」とあわせて今年らしく

今シーズン注目のチェック。チェックの中でも今年多く見るチェックの1つがオーソドックスな千鳥格子。

この柄を選ぶ時に気をつけたいのが、スカートの長さです。千鳥格子柄で中途半端な膝丈を選んでしまうと、ちょっと古い印象に・・・。

タイトスカートはここ最近長めが主流。今年もその流れのままなので、膝はすっぽり隠れ、ふくらはぎ丈を選ぶのがオススメですよ。

【Vol.2】秋冬こそ!オールホワイトで爽やかに

2つめのコーデは、上下ホワイトのコーデです。

上下ホワイトでも少し色み違うものを合わせると、単色コーデでも奥行きが生まれます。素材が違うものを選んでみると簡単に奥行きが出せるので、困ったときは少し素材を変えてみるということを、覚えておくといいと思います。

UNIQLOの広告ではこのトップスの中にリブニットを入れていましたが、少し気温が下がったらこの中にまたホワイト系を重ねても、秋冬ならではのホワイトコーデを楽しめそうですよ。

【Vol.3】プリーツスカートでふんわりと

最後は、プリーツスカートと合わせたコーデです。

このトップスはニットではないので、肉感を拾わないというのも嬉しいです。

薄手のニットだと肉感を拾って太って見えてしまう、という方は厚手のカットソー素材のトップスを選んでみるとカバー出来るので素材に気をつけてみてくださいね。

今日のプチプラitem

Vol.1    カットソー/ uniqloU☆、スカート/ ZARA☆、靴/GU

Vol.2    カットソー/ uniqloU☆、パンツ/ GU☆、バッグ/ GU

Vol.3    カットソー/ uniqloU☆

※☆印は今期取扱いのものです

着こなしpoint

uniqloUは UNIQLOの中でも少し洗練された感じで、毎回色々気になってしまいます!

このトップスはスカート、パンツ共に合わせやすく着回しやすいと思うので、ぜひチェックしてみてくださいね。

☆この連載は<毎週水曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!