(左から)貴乃花親方、貴ノ岩

写真拡大

貴ノ岩暴行問題」で、相撲協会への告発状を内閣府に提出してからというもの、貴乃花親方(46)は四面楚歌状態。その心労が祟ったのか、夏巡業中に倒れ、一時、緊急入院した。ところが、そもそもの発端となった貴ノ岩(28)は、親の心子知らずか。いまもなお、「モンゴル互助会」との交際を続けているのである。

 9月7日、貴乃花親方は秋場所の取組編成会議に出席するため、両国国技館に姿を見せた。公の場は退院後初だったが、記者から体調を問われると、「変わりなく」と3度繰り返し、復調をアピール。

 貴乃花親方のタニマチによれば、

「本人に連絡すると、“審判部での仕事が忙しくて、満足に食事せずに朝から炎天下で弟子に稽古をつけていたら倒れてしまいました”と話していた。8月は、親方の誕生日もあったので、お酒に誘われる機会も多く、疲れが溜まっていたのかもしれません。重病説も流れているようですが、本人は“検査の結果は、まったくの問題なしでした”と、至って元気そうでした」

(左から)貴乃花親方、貴ノ岩

 ヒラ年寄への降格処分を受けてからは、相撲協会への批判を口にすることもなくなったという。

「日馬富士による貴ノ岩への暴行問題が起こった当時は、八角理事長や理事である尾車親方らへの批判を繰り返していました。でも、いまの口癖は、“一兵卒として頑張ります”。最も力を入れているのは弟子の稽古。貴公俊(たかよしとし)の付け人への暴行で失った部屋の信頼は、弟子の活躍でしか取り戻せないという気持ちがあるようです」(同

スナックに花

 親方の愛のムチが強まったおかげか、貴ノ岩は先場所で十両優勝し、幕内復帰を果たした。

 相撲担当記者に聞くと、

「貴ノ岩は以前の力強さを取り戻しつつある。一方で、“モンゴル互助会”との付き合いも相変わらずのようです。8月末、錦糸町にオープンしたモンゴルスナックに、白鵬、鶴竜などとともに花を贈っている。ママはもともとモンゴル民謡の歌手。モンゴル人力士のパーティに呼ばれ、のどを披露したりしています。腐れ縁はなかなか切れないようで“モンゴル互助会”とは親しい関係を続けているのです」

 本来、貴乃花親方は、弟子が他の部屋の力士と交際するのを禁じていた。しかも、日馬富士から暴行されたのは「モンゴル互助会」の飲み会の場だったことから、貴ノ岩の軽率さは批判されても仕方ない。

 貴乃花親方はどう考えているのか。

 前出のタニマチの話。

「貴ノ岩が花を出したことは、親方の耳には入っていないはずです。でも、もし知ったとしても、貴ノ岩に、“他所のモンゴル人力士と仲良くするな”とは、なかなか注意できなくなっているのではないでしょうか。角界に波風を立てたことを、親方も反省しています。いまでは、和を乱さないように周囲との関係づくりには気を遣っているようです」

 貴乃花親方の心労は尽きない。

「週刊新潮」2018年9月20日号 掲載