体験談や写真が掲載されたRNAのホームページ

写真拡大

「お腹がすいたら食べ物を食べる。好みの女がいたらナンパをする」そんなせりふを恥ずかしげも無く吐く男がお縄となった。

 9月10日、警視庁新宿署はナンパ講座「リアルナンパアカデミー(RNA)」の塾長で会社役員の渡部泰介容疑者(42才)を準強制性交等の容疑で逮捕した。昨年11月、ナンパした20代女性を酒に酔わせ抵抗できない状態にして、東京・歌舞伎町のホテルで塾生と2人がかりで乱暴した疑いだ。

 RNAの塾生は今年に入って同様の容疑で3人が逮捕されている。うち1人は坊主姿で裁判に現れて涙する場面もあったが、彼らを指導した塾長に反省の色はなかった。

 渡部容疑者は塾生の逮捕後も「女の証言だけで逮捕されて有罪になる」と強弁し、自らの逮捕時は報道陣に対して中指を立てた。塾生の裁判では、RNAの推奨する「お決まりの手口」が明らかになった。

「街で声をかけた女性と居酒屋で飲んでから、RNAが管理するマンションの一室に連れ込む。『ダーツに負けたら一気』と酒を強要し、酩酊状態にしてコトに及ぶのが常套手段でした。しかし、裁判になった事件では、被害女性がものすごくダーツが強かったのでなかなか飲ませられなかった。無理矢理UNOに切り替え、イカサマをしてまで酒を飲ませていたようです」(裁判を傍聴したライターの高橋ユキ氏)

 10年ほど前に設立されたRNAは「受講生がセックスした数日本一」と謳い、塾生は全国に約100人。短期間でナンパの実力が飛躍的にアップするというスペシャルコースは約30万円と高額だ。しかし、人気は高く、医師や一流企業の社員までもが受講するという。

 RNAが“虎の巻”とするのが初級・中級・上級に分かれたナンパマニュアルだ。計450頁もの分厚いマニュアルは、各巻約1万5000円とこちらも高額だ。

 だがその内容はあまりに陳腐で荒唐無稽なものばかり。これを実践する男性についていく女性は本当にいるのだろうか。本誌・女性セブンはそのマニュアルを入手、今回は『初級』と『中級』の内容を公開する。

【初級】
 初級編は、女性とのコミュニケーションがうまく取れない男性を対象に「出会いを作る」テクニックを伝授する。街中でのナンパの肝とされるのは、「女の子が興味を持つことをネタにする」ことだという。

 例えば、見るからに浜崎あゆみファンの女の子には、自分とあゆが2ショットで写った携帯の待ち受け画面を見せ、「あゆ好きなん? 俺、昨日あゆと遊んだで」と声をかければ、女の子は強く興味を持って嫌でもトークに引き込まれるという。

 口調の軽薄さもさることながら、そもそも浜崎と2ショットを撮れる男性がこの世に何人いるだろうか…。

 マニュアルでは声をかけたその日にセックスできる女性を「即系」と呼び、見た目や行動から見分ける方法も教える。

「染めた髪の根元が黒いプリン状態の女性」や「おっとりした顔つきの女性」は、理性が乏しく、性においてもだらしない。「眠そうに立つ女性」「何かを食べながら歩く女性」は、連れ出してから即セックスできる確率が高い、という。

「声かけのトーンひとつで、印象は変わる」と一見まともに思える章では、「こんちはっす(↑)」「こんちゃ!(↓)」という挨拶が堂々と紹介されている。ちなみに(↑)は、語尾を上げるという意味のようだ。逆に、「どうも、こんにちは(↓)」だと、誠実性をアピールできるのだそう。

【中級】

「惚れる快感の多くは、性的な快感」「快感と共にあなたを記憶させる作業が、女の子をあなたに惚れさせる基本」という文言が並ぶのはステップアップの中級編。

 約100ページの中で紹介されるのは「カラオケと漫画喫茶どっちにする?」などと選択肢を2つに限定して相手を誘導する「二者択一法」や、「〇〇ちゃんは優しいから一緒に遊んでくれるはず」と決めつけて相手を従わせる「レッテル話法」など。有名な心理テクニックが羅列されているだけだ。

※女性セブン2018年10月4日号