男性がカラオケで高得点を出しやすい曲! 専門家がおすすめ5曲をセレクト!

写真拡大

カラオケ採点テレビ番組「THEカラオケ バトル」など、歌うま自慢の一般人もカラオケで高得点を出せば注目される時代。しかし得意な曲があったとしても、なかなか得点が上がらないという人もいるのではないか。「カラオケ 高得点出せる曲」という質問が「教えて!goo」に来るように、歌好きの人なら高得点ゲットに挑戦してみたいはず。はたして高得点を出しやすい曲などあるのだろうか? そこで今回は、著書「カラオケ採点必勝ガイド」のボイストレーナー・本山nackeyナオトさんが男性におすすめの5曲を選んでくれた。さらに高得点を出すための歌い方をアドバイスしてもらったのでご紹介しよう。

■高得点を出しやすい男性向けの5曲

カラオケで高得点が狙える男性向けの曲を専門家の視点で選んだら、どんな曲が選ばれるのだろうか。最新曲を含む5曲を選出し、高得点を出すための歌い方を1曲ずつ指導してもらった。

・「Lemon」/米津玄師

「TBSのドラマ『アンナチュラル』の主題歌にもなった曲。2018年リリースですが、カラオケが好きな人にとってはもはや定番です。旋律がそんなに高くないので、歌いやすく、高得点が狙えます。米津玄師さんの曲はどれも親しみが湧くメロディですので、覚えやすくて歌いやすいものが多いです。サビの部分が少し高音になっていますので、発声の際に♭(フラット)しないように気をつけましょう。苦しいときはここだけファルセットにして歌うとよいです」(本山さん)

ファルセットとは、いわゆる裏声。最新のヒット曲で高得点が狙えそうな曲というのはうれしい。

・「海の声」/桐谷健太

「みなさんご存じのCMで大ヒットした曲。沖縄特有のゆったりとした曲調なので、リズムどりが苦手な人でも、裏拍がとりやすく歌いやすいです。カラオケではビブラートは全て加点対象なので、桐谷健太さんがかけていないところでもガンガンかけちゃいましょう。KEYが低めの男性も歌いやすく、高得点を狙える名曲です」(本山さん)

誰でも知っている曲なので、すぐに覚えやすいという利点もある。

・「甲子園」/福山雅治

「“声が出ないよ〜”という男性におすすめです。福山雅治さんの曲は全て歌いやすく高得点を狙えます。この曲は高校野球があるかぎり、毎年歌いつがれる名曲ですので、上手く歌えるように練習しておいて損のない曲です」(本山さん)

福山雅治の曲は歌いやすく、高得点を狙えるということを覚えておきたい。

・「U.S.A.」/DA PUMP

「DA PUMPのひさびさのNew Singleはご存じの通り大ヒット! ユーロビートですがメロディは短調なので、歌いやすく高得点が狙えます。みんなで踊りながら騒ぐには最適な曲なので、学園祭などに合わせて仕上げましょう」(本山さん)

ダンスも一緒にマスターすれば、一夜のヒーローになれる曲だ。

・「アメリカ橋」/山川豊

「いろいろな世代の人に楽しんでいただけるよう、演歌もご紹介しておきます。こちらは1998年の名曲ですが、男性にはとても歌いやすいKEYです。サビから高音が続き……なんてこともなく、なだらで好感をもたれるメロディが続きます。まさに高得点を出すならコレ! 僕の生徒さんもコレで100点を取りました」(本山さん)

最新の曲から懐かしめの曲まで、あらゆる世代が歌えそうな5曲が揃った。ポイントはKEYの高さと歌いやすいメロディのようだ。

■高得点をとる秘訣・まとめ

最後に、カラオケで高得点を出すためのポイントをまとめてもらった。

「高得点をとる秘訣は、1.歌いやすい曲(自分にとって)2.ゆったりとしたリズム の2点です。わかりやすく説明すると童謡が一番得点をとりやすいです。さらに抑揚をつけた歌い方やビブラートをしっかりかけると加点します。KEYチェンジは点数にはまったく関係ありませんので、自分の歌いやすいKEYで挑戦しましょう。また、声が低めの男性が女性曲を原曲で歌うと高得点が出たりします」(本山さん)

カラオケには色々な楽しみ方がある。娯楽として、みんなで踊りながら騒いで楽しむのも最高だし、高得点を狙って、全国のカラオケ好きと対戦を楽しむのもよいだろう。今回紹介した曲をカラオケで歌って、ぜひ100点満点を目指してほしい。

●専門家プロフィール:本山nackeyナオト
SMD音楽スクール代表、日本音楽講師協会 代表理事。ボイストレーニングの指導には定評があり、これまで25年のボイストレーニング指導で延べ2000組以上のアーティストに関わり、多くのプロ歌手や音楽講師を育成。著書に「カラオケ採点必勝ガイド」がある。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)