取材班が「シナシュウ」を訪れると、改札を出て即寝入ったとみられる男性を発見。カバンが危ない

写真拡大

 東京五輪に向けて一段と注目が集まる首都圏。一見、好景気に沸くエリアも災害リスクや地価下落、さらにはご近所トラブルなどが潜む。そこで、首都圏の「ヤバい街」を各ジャンルのプロがランキング化。人気な街の“意外な顔”が明らかになる!

◆酔っぱらいを狙う置引被害が多発。犯罪ホームレスが出没する街

 夏暑く冬は寒い厳しい環境にさらされているホームレスたち。この夏は蒸し暑さから眠れずに時間を持て余し、街中を練り歩いて置引を働く「犯罪ホームレス」が多発しているそう。

 ホームレスが多く住みつく歌舞伎町に精通している仙頭正教氏に、彼らはどこで活動しているのかを聞いた。

「サラリーマン利用客が多い品川は、『本当にヤバい』と言えます。品川駅は、JR社員が通称『シナシュウ』と呼ぶ山手線内回りの最終電車到着駅。電車の中で泥酔し、熟睡している酔っぱらいを狙ったスリが大発生しています。また、同じ山手線沿いの神田は、“炊き出し”が行われていることから、彼らホームレスの活発な活動エリア。そのため犯罪ホームレスも多数出没し、うかつに駅前などで寝ようものなら格好の餌食になることでしょう」

 さらに仙頭氏は、意外な街にも犯罪ホームレスがいると続ける。

「東京駅周辺です。大きなオフィス街で、一見物取りが少なそうに思うかもしれませんが、完全に間違いです。あるホームレスから聞いたのですが、油断している人が多いので、楽に置引ができるアツい街として東京駅がインプットされているようです。ほかには、池袋、上野など、大きな公園があるところも挙げられますね」

 どうせ酔いつぶれるなら、スキを見せられる街にたどり着きたい。

「ズバリ、それは歌舞伎町。なぜ悪名高い街が、と思われるかもしれませんが、ここほど泥酔置引対策されている街はありません。実は至るところにコインロッカーがあるので、もし歌舞伎町で深酒しそうであれば、カバンを一式そこに入れたら安心して眠れますよ」

 新宿警察署が公表する“非侵入窃盗犯”の総件数もこの5年は右肩下がり。悪人を威嚇するように監視カメラがあちこちにあるのも、抑止力に。恐るべし歌舞伎町!

<犯罪ホームレスが出没する街ランキング>

1位 品川……通称「シナシュウ」で寝れば置引は不可避

2位 神田……オフィス街の裏では炊き出しが行われている

3位 東京……「置引できる街」とホームレスたちが認識

4位 池袋……ホームレスが多く住みついている人気の街

5位 上野……上野公園のベンチに寝れば翌日はすっからかん

【仙頭正教】月刊『裏モノJAPAN』編集部員
歌舞伎町の路上ネタに詳しく、売春婦出没情報から怪しい風俗店まで幅広く精通。著書に『クレイジーナンパ大作戦20』

― もう二度と住みたくない[ヤバい街] ―