2019年1月から上演される音楽劇「マニアック」に安田章大、古田新太、成海璃子が出演する

写真拡大

2019年1月19日(土)から、青木豪が作・演出を務め、安田章大が主演に挑む音楽劇「マニアック」の上演が決定。また、古田新太、成海璃子の出演も発表された。

【写真を見る】青木豪が作・演出を務める音楽劇で安田章大が暴れまくる!?

本作は、「東風」(2005年)、「エスペラント〜教師たちの修学旅行の夜〜」(2006年)、「獏のゆりかご」(2006年)など硬派な社会派の作品から、「流星ワゴン」(2006年)、「ガラスの仮面」(2010年)、「八犬伝」「断色」「鉈切り丸」(2013年)、「9days Queen〜九日間の女王〜」(2014年)など規模の大きいエンタテインメント作品まで豊かで作風で注目を集める青木のオリジナル作品。

「ちょっとブラックで危ない笑いがつまったものをやりたい」という古田と青木の息が合って、この企画が誕生した。

そして、バラエティ番組で共演し、「(2017年に上演された舞台)『俺節』がとても良くて一緒に舞台に立てたらと思っていました」と言う古田の熱い要望で安田が主演を務めることに。安田と古田の初舞台共演が実現する。

「俺節」では、青森出身の演歌歌手を歌い演じ、その渾身の演技が演劇界に衝撃を与えた安田。2年ぶりの舞台となる今作では、愛する女を救うために立ち上がる植木屋・アキラを演じるが、「初めてこのお話を聞いたときは、青木豪さん、古田新太さんというすごいタッグに参加するんだな、と思ったら『・・・(点点点)』って気持ちになりました(笑)」と驚きを隠せなかった様子。

しかし、「人から発動するエネルギーは生ものでしか伝わらないので、それが2年ぶりの舞台で直接届けられると思うとうれしいです」と語り、「新太さんと一緒に、いろんなジャンルの作品を書いている豪さんの作品でできること、どんなパッションが爆発するか楽しみです!」と期待に胸を躍らせた。

そんな意気込み十分な安田に、青木も「安田君は熱量の高さを常に感じますし、見るたびに顔が違う、いろんな人になれるんだろうなと思っていて、ご一緒できることが実現できてうれしいです」と期待を寄せる。

さらに、わずか12歳で主演を務めたテレビドラマ「瑠璃の島」(2005年、日本テレビ系)で、類まれな演技力を発揮し視聴者の目を釘付け、今や話題作には引く手あまたの演技派女優へと成長した成海も共演。

青木が描くダークで、ブラックな笑いに溢れたストーリーが安田、古田、成海らによってどう形作られていくのか。面白くも怖い、バカバカしさMAXのエンタテインメントを目指す音楽劇に注目だ。

■ 安田章大コメント

初めてこのお話を聞いたときは、青木豪さん、古田新太さんというすごいタッグに参加するんだな、と思ったら「・・・(点点点)」って気持ちになりました(笑)。

作品を担う責任ももちろんありますが、「どんな世界になるんだろう!」と感じたのが一番の印象です。新太さんがいる以上はとてつもない世界になると思いますし、ステージ上では全力でぶつかって、ふざけるときは一生懸命出来たらいいな、と思っています。

台本を読んだときは、「これが青春ラブストーリーなの?!」とびっくりしましたが、いろんなストーリーの要素がかみ合うことで絶妙で奇妙な面白さが湧き出てくるんだと思います。人から発動するエネルギーは生ものでしか伝わらないので、それが2年ぶりの舞台で直接届けられると思うとうれしいです。

しかもそれを新太さんと一緒に、いろんなジャンルの作品を書いている豪さんの作品でできること、どんなパッションが爆発するか楽しみです!

■ 古田新太コメント

これまでいろいろな作品を見てきて、青木豪さんといつか一緒に仕事がしたいと思い、今回お願いしました。青木さん特有の意地悪な目線で意地悪な作品を書いてもらい、くだらないオリジナルの音楽劇を作りたいと思っています。

安田君は、バラエティ番組でも共演していますし、「俺節」がとても良くて一緒に舞台に立てたらと思っていました。なので出演が決まったと聞いてうれしかった。

バカバカしい作品は、演技も歌も上手な人がやるのが頭が悪く見えていいんです! アットホームなカンパニーを作って、ハートウォーミングな感じでお届けしたいと思っていますので、ぜひご期待ください(笑)。

■ 成海璃子コメント

楽しそうな予感しかしません!

音楽劇ということで慣れないことばかりですが、精一杯頑張りたいと思います。

■ 作・演出 青木豪コメント

古田さんからお声がけいただいて、「マジすか!? うれしい!」でお引き受けしてしまいました(笑)。

とにかく意地悪で不道徳、更にハレンチな話の音楽劇を、とのことで、“変態全開、だけど痛快”な作品にしたいと思っています。

安田君は熱量の高さを常に感じますし、見るたびに顔が違う、いろんな人になれるんだろうなと思っていて、ご一緒できることが実現できてうれしいです。

■ 植木屋の青年と毒親に支配される娘の恋の行方は

舞台はとある町の山の上、広い庭には樹木が生い茂り鬱蒼として不気味な…いや、とても昭和的な佇まいの八猪(やずま)病院。この病院の院長・八猪不二男(古田)は、人当たりの良い柔和な人物と見せかけて、実はロボットと人体の融合=新しい医療の可能性を夢見て、入院患者を利用して人体改造実験を行っていた。

そんな院長の唯一の弱点は一人娘のメイ(成海)。だが、溺愛するあまり次第にメイの人生を支配し統治下におこうとする毒親となっていた。

そんな狂気をはらんだ病院に、ある日庭の手入れに訪れる植木屋の犬塚アキラ(安田)はひょんなことからメイと出会い、恋に落ちる。

しかし不二男の監視下にあるメイは病院から出てこようとせず、じれるアキラはメイに会いに病院に忍び込み、この病院の秘密を知ってしまう。そしてアキラは、不二男からメイを助け出そうと決心をして再び病院に入り込むのだが…実は病院を安く買いたたき、全国チェーンのホテルにしてしまおうと企む女社長やらその部下やら、怪しい雰囲気を嗅ぎ取って記事にしようと入り込んだフリー記者やその娘がいっせいに湧き出てきて、病院はてんやわんやになっていく。

果たして、アキラはメイを救出して解放させることができるのか、アキラは今度こそ自分が選んだ人を幸せにすることが出来るのか?!(ザテレビジョン)