最新版Google Chromeで自分だけのデザインに! タブの背景画像とショートカットアイコンのカスタマイズをしよう

写真拡大 (全10枚)

Google Chromeは、頻繁にバージョンアップを繰り返すWebブラウザだ。
バグ修正のような目に見えないバージョンアップも多いが、最新のバージョン69では、デザインも含めた大きい機能強化があった。

ここでは、最新バージョンで可能になった新規タブの背景画像とショートカットアイコンのカスタマイズについて紹介しよう。


●新規タブの背景画像を設定する
Googleが開発したGoogle Chromeは、いまやシェアトップのWebブラウザだ。
こまめにバージョンアップすることでも知られるが、最新バージョン(バージョン69)では、デザインも含めた大型の機能強化が行われた。

一般ユーザーにとっては、新しいタブを開いたとき、背景画像を自由に設定できるようになったのがうれしい。

あらかじめ用意されている背景画像から選ぶこともできるし、自分で撮影したお気に入りの画像をアップロードして表示することもできる。

設定方法は次のとおりだ。


新しいタブの右下にある「歯車」のボタンをクリックしてメニューを開き、[Chromeの背景]を選択する。



画像のカテゴリー(コレクション)が表示されるので、クリックして選択する。ここでは、「海の景色」を選択する。なお、[単色]を選択すれば、色だけを選ぶこともできる。



好みの画像をクリックし、チェックマークが付いたら[完了]をクリックする。



背景画像が設定される。


なお、自分で撮影した画像を設定するなら、「歯車」のボタンをクリックして開いたメニューで[画像をアップロード]を選択し、パソコンに保存してある画像ファイルを指定すればいい。

また、背景画像の設定を取り消して、もとの白い背景に戻したいときは、「歯車」のボタンをクリックして開いたメニューから[デフォルトの背景に戻す]を選択する。


自分で撮影した画像ファイルを指定して、新規タブの背景画像にすることもできる。



背景を元に戻すには、[デフォルトの背景に戻す]を選択する。



●ショートカットアイコンのカスタマイズ
Chromeの新規タブには、よく表示するWebサイトのショートカットアイコンが最大10個まで表示される。
登録するショートカットアイコンの内容は、自由にカスタマイズができる。

アイコンにマウスポインタを合わせ、右上の[ショートカットの編集]をクリックすれば、登録内容を編集できる。また、[ショートカットの追加]をクリックすれば、新しいショートカットを登録可能だ。


アイコンにマウスポインタを合わせ、右上の[ショートカットの編集]をクリックする。



登録内容を編集することができる。



[ショートカットの追加]をクリックすれば、新しいショートカットアイコンを登録することもできる。


なお、背景画像とショートカットアイコンは、異なるパソコンのChromeには同期されない。つまり、パソコンごとに独自の背景画像やショートカットを登録できるのだ。

背景画像、ショートカットアイコンともに、とても分かりやすい機能なので、誰でも気軽に利用できる。操作も簡単なので、ぜひ試してみよう。


井上健語(フリーランスライター)